2019年4月21日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 5:59 PM

『旭陵館』竣工式 並びに 旭陵同窓会 役員会・常任委員会 竣工祝賀会 4/19

DSC_1429

DSC_1429

DSC_1430

DSC_1430

大正9年(1920年)創立された下関中学校を源流とす『山口県立 下関西高等学校』は来年創立100周年を迎えます。その記念事業の一環として予て建設中でありましたセミナーハウス(旭陵館)完成に伴う竣工式が催行され、旭陵同窓会役員として参列させて頂きました。

DSC_1423

DSC_1423

セミナーハウスは250名が集うことの出来るメインルームを中心に構成されています。又、竣工記念に旭陵OBの 升本 猛氏、堀 研氏より絵画の寄贈を頂きました。

DSC_1422

DSC_1422

在校生にとって素晴らしい学習の場となることを祈念しています。

下関市議会 会派 志誠会 行政視察 4/15~16

①東広島市観光協会 並びに ②呉市を訪問させて頂きました。

DSC_1414

DSC_1414

DSC_1410

DSC_1410

①⇒視察項目『行政と民間が連携した観光≪酒祭り≫の取り組みと経済波及効果について』で 西条酒蔵通り観光案内所に 専務理事 上向(ウエムカイ)氏を訪ねました。同まつりは1979年(昭和54年)開始の≪みんなのまつり≫と1972年西条酒造協会≪西条酒まつり≫が合体したもの。1990年(平成2年)からは『市民の祭り』としてJR西条駅南側一帯で開催されており、本年30回目。メインイベントの『酒ひろば』は1992年第一回目629銘柄を集めたが、2015年には過去最高の1025銘柄〔現在日本国内全部で1400銘柄とのこと〕を集約、その収益で酒まつり全体を支えているとのこと。2014年「ひろぎん経済研究所」に委託し、来場者から1070人のアンケート等を基に経済波及効果を算定。◆日本酒購入・宿泊費等「直接効果⇒19億9千万円」、原材料費・人件費等「間接効果⇒12億7千万円」その他分析の上、広島県下の経済波及効果は32.6億円とされている。市観光協会は「県の経済波及効果は大きく、酒祭りは地域の財産と言える」とコメント。

(尚、呉市の内容は次週報告)  

             

高杉東行 終焉の地 碑前祭 4/14

DSC_1400

DSC_1400

DSC_1396

DSC_1396

本年は東行縁のイベントと共に「維新海峡ウォーク」が同日開催。市長・教育長参列の下、祭事は滞りなく催行。年々規模が拡大される神賑わいも、詩吟朗詠、ロードダンサーによる剣舞、はぐるま座寸劇等が披露されました。例年来関される歴女の皆様も参列、

 

DSC_1394

DSC_1394

DSC_1395

DSC_1395

H26年植樹されたカイドウの花も満開でした。

 

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.