2017年10月14日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:31 PM

第48回衆議院議員選挙

連日マスコミ各社で様々なテーマで各党の政策論じる報道がなされている。各党序盤戦の勢いに関する論評は、与党自公の堅調な戦いぶりを報じている。この間各所で各候補の個人演説会が開催され、有権者の皆様が、各候補の主張を直接耳にする機会がもたれている。弁士で下関入りされた 加藤清隆氏、金美齢氏お二人のお話を伺う機会を得ました。加藤氏は平素TVで視聴する通りの語り口で、東アジア情勢に起因する危機感を挙げ、金氏は候補の人間性を想起するお話と近年五ケ年の実績を踏まえ、日々緊張が高まる国際社会の中において日本の舵取りを託せる政権は・・を切り口でのお話でした。

中部地区社会福祉協議会 敬老ふれあい昼食会 10/14 

dav

dav

   

中央地区在住で80歳以上の皆様を対象に、プラザホテルレストランで毎年この時期に昼食会を持っています。昨年は『お笑いヨガ』を楽しみましたが、本年は社会福祉をルドレン』のお二人に歌の時間をとりました。

171014_113703

171014_113703

ラストソング『故郷』はソリスト二人と全員の合唱で締め括りました。美味しい食事を共にし、楽しいひと時でした。

 

下関市議会 市民との集い in 吉見公民会 10/13

dav

dav

 

吉見公民館において、本年度第一回目の『市民と議会の集い』が開催され参列。本年からの試みとして質疑応答の時間をより十分取るために四常任委員会報告を各5分として質疑に1時間を充てる方向でスタートしました。参加者からは様々な分野で多くの質問・要望等を頂きました。印象に残った案件として、①観光行政:『角島』は昨今下関市の観光ビュースポットとして重要な拠点であるが、大橋入口左の丘から写真撮影スポット整備トイレが身障者用のみ洋式だが他が和式 。②中期的財政問題:委員長報告の中で「合併後10年を経て、交付金一本算定により最大16億円減が見込まれることと、平成32年には財政調整積立金が底を突く見通し」等の説明を受け不安の声も聞かれた。③旧市庁舎整備:市長交代で新たな整備方針が打ち出されると共に、既受注者との契約解除に伴う損害賠償金として4,349万余を支払うとして、それは税金から支出されるのか?議会はどのような審議をしたのか? ④安全・安心の医療体制整備:ワンストップ相談所の設置。身障者(車椅子利用者等)来庁時にコンシェルジュの配置を ⑤議会風力発電反対決議は今も有効か?

⑥海岸線の侵食と後退進み、避難ケ所の海抜表示も変わった。安全な場所の確保要望有。

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:25 PM

いちょう幼稚園 運動会 10/7 

mde

mde

恒例の体育大会が開催され参列。子供達は得意の体操、カケッコ、保護者の皆さんとのふれあい・・・元気一杯!

子供たちの体の柔らかさにはいつも驚かされます。

 

名陵校区青少年育成協議会 理事会 10/6

dav

dav

 例年11月3日に開催しております、ゴミ0運動について協議。チラシ配布等告知、生徒・地区責任者との会議、当日の運営要綱等について率直に意見を交換しました。

 

日本遺産普及啓発WG イベント審査会 10/6 

 

本年3月 『関門 ノスタルジック 海峡~時の停車場、近代化の記憶~』をタイトルとし「古来より陸上・海上交通の要衝であった関門地域は、幕末の下関戦争を契機とした下関・門司両港開港以降、海峡の出入口には双子の洋式灯台が設置され、沿岸部には重厚な近代建築が続々と建設された。・・・」をストーリーとして日本遺産に認定された。その目的は、ストーリーを語る上で欠かせない有形無形の文化財群を、地域が主体となって総合的に整備・活用して国内外に戦略的に発信し、地域活性化を図ることです。本年11月25日東京と関門を繋いで地域告知・誘客イベントが開催予定ですが、提案会社のプロポーザル選考が行われました。

 

中東地区まちづくり協議会 運営委員会 10/4 

10/22開催予定の本年第二回目のワークショップ、地区計画策定方針等について意見交換を行いました。第一回ワークショップでは域内各地域のお宝、課題・解決方法等をまとめる作業をしていますが、今後更に分析を進める、より具体的課題を抽出、それらの内共助で解決できるものについて、活動方針と担当部会等を決定してことになります。公助を必要とする案件については協働のあり方について検討して行くことになります。

 

宅建研修『空き家・空きビルがお宝に』 10/3 

福岡・大牟田で具体的活動を実践しておられる方を講師に開催。空き物件をFBで入居希望者を決め、あらかじめ組織化しているプロ+DIYグループ で一緒に店づくりを行うことで出店者にとっては費用も縮減され、手伝って頂いたチームの皆さんもお客さんなる等メリットがあり、更にその出会いを契機に次の開業候補者も現れる等、好循環を呼んでいる等熱弁をふるわれた。

2017年10月9日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 6:13 PM

天高く馬肥ゆる秋 を迎えました。本日から出張の為、繰上報告させて頂きます。

下関市議会 九月定例会 閉会 9/28

平成28年度決算審査・認定、第二回補正予算他一般議案を審査した九月定例会、付託議案を原案通り可決閉会しました。

◆決算認定にあたり監査より事務処理に一部不適切な処理が有ると指摘されたモーターボート事業会計を含め一般・特別・公営企業各会計について原案通り認定されました。所属する建設委員会にかかる公共下水道会計への一般会計からの繰出し金27億円余りの縮減が財政部において検討されている点等、今後も内容を十分精査して参ります。

◆補正予算の中で旧庁舎耐震補強・改装工事契約解除に伴う損害賠償金・新たに建設を目指す『子育て機能付きミニ庁舎建設にかかる設計料等について、11人(議員総数34名の内11名)が一般質問を行いました。会派でも今日に至る経緯など改めて精査しました。結果として、①当該契約は、議会承認を得ることなく、執行部裁量で 仕掛金+遺失利益(その工事を完工していた時に得られるであろう利益)を支払、解除することが出来るものであった。 ②熊本震災以降、庁舎整備に新たに補助制度が創設されたこと。をベースに昨年議会が承認した予算の範囲内で、解除に伴う賠償金を含め、新庁舎整備が可能として補正予案が付託されている。

◆議会はルールを逸脱するものではないが、行政の継続性・行政への信頼確保 の観点から懸念する声も挙がったが、当該工事受注企業体が早期解決を希望し、執行部提案に合意している点に鑑み、問題は、丁寧な慎重審議を尽くすこと。解除+賠償金清算は是としても、その後の作業について作業段階に応じ、議会全員協議会で説明を求める等意見が多数出た。

 

336-D地区 1ゾーン 8ライオンズクラブ 合同例会 9/29

 

170929_193615

170929_193615

シーモールパレスに200余名のライオンが集結。地区ガバナー、リジョン・1ゾーンチェアマンも顔を揃え、8クラブ合同例会が開催され参列。

 

ふく祭り 9/29

 

170929_122218

170929_122218

亀山八幡宮境内の『ふくの像』前において市場関係者・来賓等多数が参列して第39回祭事が催行されました。主催者挨拶で、『近年売り上げは、対前年度若干の伸びはあるものの天然物の漁獲量低下が懸念される。』旨のお話でした。

 

王江小学校 秋季大運動会 9/24

170924_102826

170924_102826

秋晴れの下、生徒の皆さんは元気一杯、徒競走・障害走・玉入れ・リレー等の競技に真剣に取り組んでいました。今年も平家踊り皆さんと一緒に踊らせて頂きました。子供たちに又一つ思い出が出来ました。

2017年10月8日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 10:02 AM

三世代交流 巌流島 野外活動 9/23

 

dav

dav

dav

dav

 

王江・名池小学校生徒18名、未就学児童4名、保護者9名、来賓4名、地域19名 総勢54名で巌流島に渡り、飯盒炊飯・野外活動を行いました。平成11年中部地区社会福祉協議会で事業決定をして、8月巌流島を視察児童生徒50余名が参加して開催してより7回目を迎えました。アリカポート停泊中の自衛官を海から見学~巌流島上陸後直ちに開会式~昼食づくりに入りました。ゲストに名陵中・王江小校長先生、名池小校長・教頭先生をお迎えして一緒にカレーを食べゲームを楽しみました。

 

市議会 一般質問 9/21~22

◆図書館基本計画策定にからむ質問を複数の議員が行った。

本年12月末策定が見込まれているが、職員配置に関するものとして、『司書と図書館ボランティアの協働か大事だが、配置3年目でボランティアのみでの運営とは如何に?』との問題提起。

現在 常勤8、非常勤56、日々雇用16人だが常勤は兼務職員。(以降来週報告)

中東地区まちづくり協議会 地区計画研究会 9/20 下関市立大学 杉浦准教授をお迎えして まちづくり協議会設立の意義と目的、果たすべき役割~とりわけ市の中核をなす中心部の協議会のあり方などについてお話を頂きました。先ず、1995年~2015年の十年間に

◆市人口は 310,717人⇒268,517人(中東地区人口 33,838人⇒27,176人)◆高齢化率

市 18.5%⇒33.0%(中東地区 22.0%⇒36.6%)、◆平均年齢 市41.6歳⇒48.9歳(中東地区 44.4歳⇒51.3歳)下関市の1年当たり『人口減少数は全国第6位(第一位:北九州市)でその減少傾向は大きいが中東地区は更にその傾向が大。高齢化の進展も早い地域。』

『中心市街地は都市の顔であり、意地でも活気を取り戻すべし:都市空洞化⇒公共交通衰退⇒自動車依存⇒高齢者・子供は住みにくい社会 顔がさびれると街のイメージが下がり更に人口流出伸展』『街の元気度UPは、従来活性化は商業機能中心でしたが、今後は居住機能・交流機能の強化が必要』。又公共の果たすべき役割は飛躍的に進捗し、すべてを公共にたよることは出来なくなっていることから協議会発足となる。 等提唱された。

 

第10回 ハトマーク杯争奪少年ソフトボール大会 9/18

170918_154047

170918_154047

台風一過の好天の下、長府扇町グランドに市内16チームが参加して節目の第10回大会となりました。選手諸君は平素の練習の成果を存分に発揮し、見ごたえのある好ゲームの連続でしたが、生野スポーツ少年団が優勝しました。

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:44 AM

空き家相談会 9/16

山口県・下関市連携による空き家相談会が13:30よりドリームシップで開催されました。今回は司法書士会が講師を派遣し、空き家に関する現状と特措法で管理が十分でないとされた場合の取り扱い、相続において 遺産分割協議+登記の重要性などを話され、その後 個別相談に入りました。            

中部社協 三世代交流活動実施打合 9/15

数年来、巌流島において王江名池両小学校より募集して、9/23 青少年野外活動を行っています。本年は24日王江小学校で秋季運動会が開催されることもあって 児童生徒18名を含む52名で巌流島へ出向く予定です。向こうでは 飯盒炊飯、カレーづくり、野外での遊びを行います。

下関市議会 建設委員会 9/7・9/11

二日間をかけて、所管の港湾局、都市整備、建設、消防局、上下水道局の五部局の審査を行いました。とりわけ上下水道局においては平成28年度 上水、下水、工業用水にかかる会計につき決算認定を行いました。上水については、有収水量1㎥あたり22.29円(対前年度▲3.28円)の販売益が有り、『経営に必要な経費を水道料金収入で賄うことが出来ている。』下水は、H19年度より地方公営企業法全部適用し、公営企業として水道事業と組織統合による効率化が図られている。処理区画面積4,583.1ha(対前年度26.2 ha増)

普及率75.5%、水洗化率96.7%、有収率86.1%。当年度純利益は10億844万9,128円となっているが、一般会計繰入金 27億6,266万4,148円(内、汚水処理にかかる収支不足補填する政策的補助金 12億705万6,148円を含む)故であり、財政部による財政健全化計画では、繰り出し金抑制が検討される中、今後の運営はより明確な経営戦略に寄らなければならない状況です。工業用水については、施設配水能力が不変である一方、産業構造・経営環境の変化等で需要が減少(給水社数6社、1日当たり契約水量前年同様1万8,200㎥)し、それに伴い給水収益も近年減少傾向にあった。28年度損益は、1,068万2,207円の純損失となっている。 審査の結果三つの会計に関する決算はそれぞれ認定された。

その他、消防局にかかる財産取得議案(議案146号 水槽付消防ポンプ自動車、議案147号 消防ポンプ自動車)についても可決をみた。他に、私共の所管事項ではないが、今議会は本庁舎整備において、1年前に議会の可決をみて発注しておりました耐震・補修工事をキャンセルし、現庁舎を解体して新たな庁舎を建設するという点に注目が集まりました。

2017年9月8日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 8:40 AM

地域福祉(活動)計画 地域懇話会 9/1

170901_183107

170901_183107

第二次計画最終年度の今年、次期計画策定に向け意見集約を行う為の地域懇談会 中心部会が開催され参席。ドリームシップ多目的ホールいっぱいに地域の皆様(自治会長・民生委員・福祉委員を中心に)が参集され開催。下関市地域福祉計画では目標として『地域の皆が出会い、いつも笑顔で過ごせる関係をつくろう』を掲げ、誰もが住み慣れた地域で、お互いに支え合いながら、安心して生きがいのある生活を送れる街づくりを念頭に、地域福祉に関わる問題解決の向け、自助・共助・公助を提唱し、市民自身・地域・市の取り組み等について示す計画で、今後の作業の指針となるべき意見集約。会場より市職員の自治会活動積極参加を促す意見等有

会派視察 8/28~30 

170829視察

視察項目①洞爺湖町【観光振興への取り組み】、②札幌市【子供の貧困対策】。◆① 2000年西麓噴火した有珠山は、江戸時代の1663年の山頂噴火以来少なくとも8回噴火した。1800年には有珠虻田牧場、大正六年(1917年)洞爺湖畔に温泉旅館開業、昭和24年5月16日、日本で14番目の国立公園に指定される。2009年には糸魚川・島原半島と共に『世界ジオパーク』に指定。2016年北海道への外国人観光客入込数223万人、宿泊数28万余人ですが、とりわけ今後入込500万人目標とのこと。(因みに道内外の観光客は5000万越え。)洞爺湖では年間9000万円の予算で180日間(4~10月間)『花火』打上実施。27日、拝見させて頂きました。◆②『子供の貧困対策の推進に関する法律(H26.1)』に地方公共団体の責務(法第4条)として、子供の貧困対策に関し、国と協力しつつ、地域状況に応じた施策策定・実施する義務を有すに基づき、総合計画戦略編に『アクションプランH27~31』個別計画として 『仮称』子供の貧困計画を策定した。一連の作業の中でアンケート等から推測すると 『諸施策の認知・理解えお計ることが最も肝要』とのことでした。

海峡ビューエンターテイメントin1Fホール、川原慶賀展(市立美術館)、湯川節夫妻二人展(長府庭園)8/27

mde

mde

日曜日午後、海峡ビュー下関1Fホールにて みもすそ川在住の平家太鼓指導者(赤間神宮等で活動) 前田様率いる『平家太鼓チーム』の演奏が披露されました。終了後、長府方面に過日オープニングに参列させて頂いた川原慶賀展(美術館)を再度訪問。隣接する長府庭園内のギャラリーで開催中の『二人展』に立ち寄りました。湯本氏は焼物・水彩画、奥様は 書 を展示されておられました。ご夫妻での作品披露、素晴らしいですね

Filed under: 未分類 — hayashi @ 8:35 AM

観音崎町 ラヂオ体操(子供会)打上・反省会 8/25下関保護区 保護司会 中東支部会 8/26

一度は、子供達が減り子供会を解消していましたが、現在は王江小学校区で最も児童生徒数が多い町内とのことで、昨年≪改めての活動第一弾として≫ラヂオ体操を開始。保護司会

中東支部、年内に新任保護司を迎えることが決まり、自主研修を兼ね打合せ。

名陵校区青少年育成協議会 『平成29年度 地区懇談会 反省会』8/24

bty

bty

【午後6時半~、 名陵中学校 校長室】本年は、名陵中学校創立70周年記念式典等の開催で開催日7/23、会場『カラトピア 5F会議室』 で開催。参加者アンケート⇒◆日時・会場:①駐車場(無料)が無い。②机の配置・音響のせいか他のグループの声等による騒音 の課題が提示されたが概ね良好。◆子供達も一緒に(先生方・保護者・地域の会議の様子を見たり、場合によっては発言も含め)開催するのがいいのでは?◆テーマ『挨拶を通してひとづくり・まちづくり』については⇒①「庭内で挨拶をしているか?」「子供へ≪知らない人との接点を持たない≫指導も行われている中で子供たちから大人への挨拶は難しい」等意見が出された。

           

神事 亀山能 自主練 8/23

dav

dav

111029houkikai

10月28日の奉納を間近に控え、目下猛練習中。演目は『桜川』⇒【日向国、桜の馬場の桜子は母のみじめな生活をみかね我が身を人商人に売る。身代金と遺書を受け取った母は、驚き悲しみ、桜子の行方を尋ね旅に出る。時を経て常陸の国磯部寺に弟子入りした桜子は、住僧と桜川花見にやってくる。母は狂女となり、抄網(すくいあみ)を肩に現れ落花に心が狂い乱れる様を見せ、我が子への思いを語り舞う。最後は僧の配慮で再会し、帰郷の度につく。神事『亀山能』は、市無形文化財第一号。(復活29回)

 

名陵校区三校(名陵・王江・名池)三校合同 学校運営協議会 8/23 

170518_183233

170518_183233

5月18日の第一回会議に続き、第二回標記会議がドリームシップ会議室にて開催され出席。三つの分科会(①知:活かせる学力、②徳:たおやかな心、③体:健やかな体)に分かれ、小中一貫教育推進校としての進捗状況等について協議。全体会議では、三校共通チャレンジ目標である、①無言清掃、②目をみて挨拶、③時間前行動 の内、校区内での挨拶運動等について意見を交わしました。(写真は、5月18日第一回全体会議:名池小学校にて)

2017年8月23日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 8:27 AM

第18回 山口県市議会議長会 議員研修会 8/17

bty

bty

光市民ホールにおいて、早稲田大学 公共経営大学院 教授 元総務大臣の片山善博先生が『地方創世戦略の検証と議会の役割』と題し講演。『今日まで様々な施策が展開されてきたが、「地方消滅可能性都市」との表現で半数余りの都市が名指しされ、改めて 地方創世という表現で発信された。全国的に取り上げられた政策の一つに「プレミアム商品券」がある。地元商店街活性化策として商品券発行が根本的課題を解決する施策とは思えない。政策決定は、県は国、市は県をおもんばかる 所に起因する。』『今や官僚も議員も生まれ育ちが大都市圏である者が多く、地方向けの政策はピントずれているケースが多いにも関わらず、予算確保の意味からも、例えば・・・という国例示メニューが採択されるケースが多い。』『地方議会において、首長には提案権・議会には議決権が付与されている。首長が提案したからこうなったではなく、あくまでも決めるのは議会の権能であり、責任も問われることを銘記して欲しい』旨のお話を頂いた。

海峡花火大会 8/13

dav

dav

昭和61年下関21世紀協会が設立され、翌年お盆に帰省中の皆様とご家族揃って思い出深い一夜をお過ごし頂きたいとの思いと関門連携強化の機運の高まりの中で始まった海峡花火大会も30回目を迎えた。         

市出資法人調査特別委員会報告 第二回 

60812蛍yagura

【株式会社 豊田ふるさとセンター】⇒道の駅『蛍街道 西ノ市』の事業主体。当初の目標利用者数31万人(野菜:74000、物販・喫茶:103600、レストラン62614、温泉70411)を初年度(平成16年)より上回り、19~27年度は80万人を上回ってきたが、昨年度789,111人なった。H25・H26・H28年度は単年度赤字。特に昨年度は14,383,274円の赤字となった。原因は温浴設備ランニングコスト・レストラン部門の不振が報告されている。レストランについては従前から課題で打開すべく地元惣菜などでのバイキング方式を取り入れたが充分ではなかったようだ。その他①野菜の品揃い、②飲食コーナー一元化、③レストラン委託方式の検討等が指摘された。他に、昨今のアウトドア時代の影響もあり日に10台を越えるキャンピングカーの入場があり、現状ではバス駐車スペースを利用せざるを得ない状況も報告された。現在、経営並びに施設改善計画についてコンサルも入れ検討中。【有限会社 豊田あぐりサービス】⇒主たる事業は◆農地の保全及び地域農業支援の為の基幹農作業受託。今後の展望として『遊休農地の保全・有効活用を通じて、地域農業振興に寄与』:公園内に積極的に季節の花を植栽、≪花の公園≫を検討しているとのこと。

2017年8月18日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 7:58 AM

残暑お見舞い申し上げます

dav

dav

 

第67回 亀山八幡宮林間学校 閉校式 8/10 

170810_065428

170810_065428

8/1第67回を迎えた亀山八幡宮林間学校入校式(108名)。儀式殿で《本の読み聞かせ:名池小PTAサークル「よつばの会」:『家の中の神様』『どろんこそうべい』等四冊》、後「粘土工作」「書道・絵の稽古」「一日旅行:福岡市博物館(ファラオと大ピラミッド展)」「七夕飾り付け」「おもしろ科学実験」「ふるさと歴史散歩」等。

 

下関市出資法人調査特別委員会 8/7~9

①公営施設管理公社、②土地開発公社、③水道サービス公社、④海洋科学アカデミー、⑤菊川町まちづくり株式会社、⑥文化振興財団、⑦豊田ふるさとセンター、⑧豊田湖畔講演管理財団、⑨豊浦産業振興事業団、⑩豊田あぐりサービス の十事業所について精査した。

事前に①、④、⑤、⑥、⑩については現地視察を行い、現場での意見交換を行っている。先の六月議会で②土地開発公社の発展的解消を図り、現在公社がかかえる土地9内、一部を除き取得原価+契約までの経費 で本会計で買い戻す方針が伝えられていた。①28年度は、(A)満珠荘指定管理料見直し、(B)成長級(能力給)給与制度完全実施、(C)採用試験による新卒者採用 の三方針堅持。『経営改革は道半ば、市の公的支援に依存した体質で、未だ独り立ち出来る状況にあるものの、当該法人に残された道は、国が示す「ゴーイング・コンサーン」であくまでも企業存続の道しか残されていない。従前赤字経営を続けてきたが、当期一般正味財産増減額において、約1,023万円の黒字に転換。』で大幅な改善が見られた。(以降:次号)

 

櫻山神社 創建祭 8/6 

dav

dav

創建152年を迎えた櫻山神社。多くの参列者を迎えしめやかに創建祭が催行された。後、下の社務所にて 西郷隆盛 曾孫の 西郷隆夫氏の記念講演を頂いた。尚、帰省中の 文部科学大臣 林芳正令夫人 林裕子氏が参列、記念講演にも参加された。

dav

dav

西郷氏は、『歴史において史実は【報道用】【教科書用】【封印】の三形態となる。西郷さんに纏わるエピソードもしかり。』『西郷さんは、理論もさることながら、人柄・気配りの人。逸話として、西郷さんの所持品を盗んだ者が引き出され許しを請うものに対し、配下より金子を出させ、買い戻す~これを元手に今後生活を質すよう諭すと本人はその後立派な事業を打ち立て社会に貢献した。』といった具合。

Filed under: 未分類 — hayashi @ 7:50 AM

みもすそ川町 盆踊り大会 8/5

 

今日、単一自治会で櫓を組み盆踊りを行っている所は少ない中で、今年町内公園において今年も開催。お手伝いの人出も限られる中、数日をかけて設営されたとのことでした。町内約350世帯の内250世帯がマンションや集合住宅居住だそうですが、町内加入率は100%とのこと、会長のご努力に敬意を拝しつつ参加させて頂きました。太鼓指導者も町内一員です。

 

下関美術館 『川原慶賀植物図鑑』展 オープニング参列 8/5 

mde

mde

本人は江戸後期 長崎の画家で、出島出入り絵師として 風俗画・肖像画・生物の詳細な写生画を描いた。シーボルトが商館付き医師として来日(1823年)、日本の動植物等を蒐集し、慶賀に依頼し『日本』と本の挿絵として描かせた。展示された風俗画は当時の生活様式を今に伝えている。冠婚葬祭等も題材に、死者のお棺の埋葬風景まで作品となっていた。~9/24

                              

西ライオンズクラブ 追悼例会 8/4 

170804_193505

170804_193505

 

昭和39年に創立された下関西ライオンズクラブ、物故会員も40名近くいらっしゃいます。当日は、皆様の遺影を祭壇に配置し、献花を行いご冥福を祈念すると共に往時を偲ぶ場となりました。

下関北九州道路整備促進大会 8/3

 

福岡・山口二県、北九州・下関二市の知事・市長・議長、域内選出市・県・国会議員、経済団体会員多数結集して標記大会が開催されました。

保護司会研修&優秀作文表彰 8/2 

 

170802_140347

170802_140347

午後1時30分より勤労福祉会館において(Ⅰ)保護司と学校との連携について、(Ⅱ)違法薬物に関する基礎知識 と題する研修に参加。学校の状況について、特段印象に残ったのは不登校生徒の増大案件。現在小学校で84人、中学校197人で、中学では精神疾患等により欠席している生徒を含めると250人との報告があった。過日『森林浴の効能と人を森に戻せば精神疾患の40%は治癒する。』との提案を想起させた。薬物に関する講演では、昨年度密輸は、歴代最多。覚醒剤再犯も65%との報告であった。併せて乱用されている薬物について・・覚醒剤・麻薬・大麻等について紹介頂いた。

次ページへ »

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.