2021年5月8日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 12:00 PM

都市整備行政の動向   都市のスポンジ化について 

『平成25年住宅・土地統計調査』において国内空き家820万戸がセンセーショナルに報道されました。

平成28年6月には、野村総合研究所が「2018~33年の空家数や総住宅数に占める空き家の割合の予測」を発表、『既存住宅の解体や住宅用途以外への有効活用が進まなければ、平成25(2013)年に約820万戸(空き家率13.5%)であった空き家は、2023年に約1400万戸(同21.1%)、2033年には約1400万戸(同21.1%)に膨れ上がり3戸に1戸が空き家となる見込み』と推計しました。

街中に広がるスポンジの穴のように空き家が増える「都市のスポンジ化」への対策取り上げられるようになり、中古住宅の性能表示や流通市場の拡充、空き家跡地への新築住宅立地誘導策等の必要性が都市経営の観点から提唱されるようになりました。

 

 本市においても都市計画区域内は、都市計画法に基づく市街化を進める「市街化区域」と、農地エリア等で市街化を抑制する「市街化調整区域」とに線引きされています。2000年の都市計画法改正で開発許可権限を有する自治体が開発基準に関する規制緩和の条例を定めれば、市街化調整区域でも宅地開発が出来るようになり本市でも条例は制定されました。

 時は移り、中核市類団の中でも都市のスポンジ化対策として、同条例を廃止する都市も出てきました。本市は立地適正化計画策定・施行と併せ、開発可能エリアの見直しが行われ、令和4年4月から調整区域内での開発行為に新たな基準が導入されます。

 さて、H30年住宅・土地統計調査では、空き家並びに建築中住宅等の戸数は846万戸内、賃貸し用・売却用・別荘など二次的住宅は合計6万戸減、その他29万戸増と報告されています。

当初の予測ほどは伸びないにしろ、空き家問題は依然国家的課題の一つです。

 

下関海峡まつり 先帝祭 5/3 & 墓参 5/4

本年の大型連休は、四日に萩に墓参に行った以外、もっぱら資料整理や文書推敲で過ごしました。

昭和61年より『下関海峡まつり』がスタートし、絢爛豪華な歴史絵巻『先帝祭』が5月3日開催となりました。

210503参拝 (2)

210503参拝

本年は、一般参賀を排し、二組の上臈さん一行と神職等の奉仕にて、赤間神宮において執り行われました。

DSC_3760

DSC_3760

DSC_3759

DSC_3759

5/4は墓参の為、萩市を訪れました。午前中通行車両も少なかったですが、午後1時半過ぎから下関に戻る際には、対向車線は大変な混みようでした。

 

 

2021年5月1日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 11:24 AM

中東地区まちづくり協議会 研修会 4/29 

DSC_3752

DSC_3752

まち協事務局において、大分県環境学習アドバイザーを務める綿末しのぶ氏を招聘し、『身近な環境問題』について研修会を開催。菅首相の『カーボンニュートラル』宣言により改めて地球温暖化が注目されている。

DSC_3753

DSC_3753

■温暖化が進めば日本では? ①砂浜の85%消失、②ブナ林(イノシシ等の餌を提供する)大幅減少、③降水量9~16%増加、④気温3.5~6.4℃上昇、⑤海水面最大63㎝UPが想定される。産業革命時の1880年から2012年迄の地球地表面温度上昇0.85℃、日本の100年間の温度上昇は1.14℃だが、2000~2100年の百年間は、放置すれば最大4.8℃上昇するとの推計もあるとのこと。

 

令和2年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業ヤングケアラーの実態に関する調査研究

今回、標記調査研究にかかる報告がなされたので、下関市こども未来部こども家庭支援課と概要につき協議した。

 ヤングケアラーとは、通学や仕事のかたわら、障害や病気のある親や祖父母、年下の弟妹等の介護や世話をしている18歳未満の子どもを指す。家族の病気や障害のために、長期のサポートや介護、見守りを必要とし、それを支える人手が十分にない時には、子どもであってもその役割を引き受けて、家族の世話をする状況が生じる。介護のために学業に遅れが出たり、進学や就職を諦めたりするケースもあるといい、実態の把握が急がれている。

 今回の一連の調査の中で、本市の要保護児童対策地域協議会が進行管理する『要保護・要支援児童件数は約180件、その他ハイリスク児童として関係機関で情報共有する児童件数が約70件、家庭支援課内でこども家庭支援拠点として支援しているケースが50件程度あるとのことで、今後更に現状を精査すると共に、対応を強化する施策立案に尽力して参ります。

 

ライオンズクラブ国際協会 336-D地区 7R-1Z 第四回地区ガバナー諮問委員会 4/26

DSC_3750

DSC_3750

1

Zを構成する8クラブの今期・次期会長・幹事・次期第一副会長が参集し、地区ガバナー、今期次期RC、ZCを迎えて諮問委員会が開催され、下関西LC 次期第一副会長として参加しました。

諮問事項①会員拡大、②コロナ下でのクラブ活動、③次年度抱負について、各クラブの状況・所見を伺いました。(1)会員拡大が難しい中で、現状維持を考慮して会費の減額等に取り組む、(2)例会開催数の減、開催時の食事無しとする(3)理事会・委員長会をweb会議とする (4)献血・清掃活動は予定通り、周年行事の中止、等の報告がありました

2021年4月24日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 11:24 AM
DSC_3734

DSC_3734

桜花爛漫の時を過ぎ、国道沿線にもツツジの灌木が映える季節となりました。

コロナ感染拡大の中、ゴールデンウィークを迎えるにあたり政府は東京、大阪、京都、兵庫に三回目の緊急事態宣言発出(4/25)方針を決定しました。下関市は、高齢者へのワクチン接種について、5/10申込受付を開始し、5/25より下関市体育館での集団接種を開始する方針を固めました。

国は、高齢者への二回のワクチン接種について7月末を目途に終了させる方針を発表していますが、本市においてもスムースな接種を祈念するところです。

市議会は今後5月17~19日に臨時会を開催し、単年度赤字となる港湾並びに臨海土地造成に係る特別会計において繰上充用を行う議案などの審査に当たる予定です。

 

一般社団法人 山口県宅建協会下関支部 第9回通常総会 開催 4/23

平成25年の公益法人改革を目前に控えた平成24年の総会で支部長を拝命し、爾来9年間お世話をさせて頂いています。

この間、先ず①空き家問題が大きくクローズアップ、奇数月第三土曜日に市内公民館などで開催される『無料空き家相談会』へ相談員を派遣して参りました。

②昨年は消防局からの提案を受け、雑居ビル火災などで甚大な災害が発生した事例に鑑み、対象物件の消防検査・設備改修要請への対応等の情報を受け、取引に先立つ重要事項説明時に追加説明を行う協定を結び、

200728三者協定

③住宅確保要配慮者を含め入居サポートが必要な皆様方の支援を念頭に、居住支援協議会・支援法人設立に向けて行政との協議研究を進めて参りました。

DSC_3261

DSC_3261

④宅建協会においても持続的発展を期していくためには、新規入会者の獲得は最重要事項で、新規開業セミナー等も開催させて頂くと共に、令和3年度においては、支部入会金等を免除するなど新たな取組を提案し、提出議案全てを原案通りお認め頂いて、新たな年度への挑戦にスタートを切りました。

 

下関市立王江小学校 第二回 閉校記念行事実行委員会 4/22

令和3月、下関市立名陵中学校、王江・名池両小学校においてそれぞれ閉校行事を行い、同年4月に小中一貫型学校『名陵学園』⇔名陵中学校+名陵小学校(施設隣接型)が発足予定です。実行委員会では、①記念誌作成、②5/23運動会時に航空写真撮影、風船飛ばし等行事を行う旨確認しました。

今後、校区内自治会、同窓生への呼びかけを行い、内容の充実に努める旨併せ確認致しました。

2021年4月17日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 2:34 PM

『新たな捕鯨母船の下関市での建造等に係る要望』について⇒東京都において「蔓延防止等重点措置」が適用(4/12~5/11)されたことにより、当初予定していた農林水産省・水産庁への 山口県・下関市合同要望活動の順延が決定しました。

DSC_1668

DSC_1668

今後、母船『日新丸』の更新を計画する共同船舶株式会社の取締役会・定期株主総会前に要望活動をとの方針の下、日程が設定される模様です。

下関市は目下、母船式捕鯨の基地化と母港化を目指しています。◆母港化の定義として、「市内の造船所において新船が建造され、帰港時の係留・ドックでのメンテが下関で行われること」としています。そのことにより、建造・メンテによる経済効果、固定資産税収納等にも期待を寄せています。◆船籍は現在のところ船主である共同船舶(株)の本社の位置現在東京ですが、船の登録地としては山口県下関市とし、船体に≪YGOO≫との表示が考えられます。

■要望事項の一環として、『本社の移転と船籍下関市』を実現してはとの意見もあります。

 

4月臨時会総務委員会報告 4/13 議

案第66号補正予算歳入部分が所管事項(財政部)

国庫支出金⇒民生費(児童福祉費補助金)2億5800万円、保健衛生費補助金138万円、                                     商工費補助金 2億5800万円

県支出金 ⇒保健衛生費補助金862万円【相談窓口】、保健衛生費委託金 2億8000万円  以上の歳入                        を基に、

①子育て世帯生活支援特別給付金事業を行う。 (1)児童扶養手当既受給者 2,426人。(2)支給を受けていないがコロナ下  で収入水準が同程度となる方 400世帯を見込【支給対象最大3,200世帯】

②国庫全額補助(2億8000万円)により、感染症宿泊療養事業(ホテル借上70室)

③相談窓口業務(1000万円)   尚、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(国の令和2年度第3次補正分)

◆交付限度額 13憶6476万円 内、4月補正計上額 2億5938万円    今後活用可能額  11億     538万円となっています

コロナワクチン接種券は、3/26以降 95,287通順次発送しています。

医療従事者については5月上旬に全員分の供給がなされる模様(5月下旬には2回目接種完了予定)。

高齢者 4/12から接種を開始しますが、施設入所者からとなります。以降、5月上旬よりワクチンの供給量により順次接種を行う予定です。場所などは現在未定です。

2021年4月10日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 5:06 PM

新年度を迎え、下関市議会は 4/12~14、5/17~19に臨時会、

6/8~30に定例会との日程が定まりました。(4/7議会運営委員会)。

 

臨時会では任期が切れる副市長等の人事案件とコロナ対策補正予算、単年度赤字となる 港湾並びに臨海土地造成に係る特別会計において繰上充用等審議。

6月定例会では本年3月再選を果たされた市長より施政方針と共に政策補正予算が示され各会派代表質問が行われます。

一方、総会シーズンを迎え、支部長を務める宅建協会下関支部では7日期末監査、8日には理事会を開催して4/23開催の定期総会提出議案を決定しました。

監査を拝命している下関保護区保護司会では9日期末監査実施しました。

 

山口市産業交流拠点施設『維新ホール』視察 4/8

DSC_3730

DSC_3730

新山口駅北口に当該ホールがオープンし視察した。ホールの外、スタジオ、研修室等複合的にゆったりと整備されている。写真判断が難しいでしょうが、前方座席を取り除け舞台のレベルに床を上げることが出来るとのこと。話題の施設となりそうです。

       

下関少年少女合唱隊演奏会 4/10 

DSC_3732

DSC_3732

昨年来コロナ下で演奏活動も制限され、幕間のメッセージでは3ケ月の練習中止も体験されたとのことでしたが、園児から大学生迄幅広い100名を越える団員で今演奏会を実現されたことに感謝と敬意を表します。又、四年前に引き続いて津久見市より『樫の実少年少女合唱団』を招聘しての催しで団員の皆様も大いに盛り上がった事でしょう。会場となった市民会館大ホール、三密に配慮しての設営でしたが、息の長いファンを始め多くの市民がその歌声に魅了されました。益々の発展を祈念します。

 

令和3年度 日本赤十字社下関地区 代表協賛委員・分区長合同会議 4/8

市役所西棟5F大会議室において関係者が集い、標記会議が開催され参列。冒頭『日赤が取り組む活動』と題してDVDが上映された後、令和2年度 成績優良である丸山第一分区を含む10分区へ感謝状が贈呈されました。

DSC_3729

DSC_3729

その後、地区長である下関市長が挨拶に立ち、

『令和2年度は、活動資金募集目標 \41,793,500に対し、実績は \30,871,427となり、

73.9%の達成率であった』こと、『令和3年度の目標額は \36,794,000、

目標世帯数67,130世帯(令和2年度は 76,729世帯)』等が報告されると共に、

ご尽力いただいた各分区長に深甚なる謝意が述べられました。

2021年4月3日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:23 PM

下関西ライオンズクラブ 献血運動 4/3 

DSC_3723

DSC_3723

You meシティの一角(宝くじ等発売所横)で恒例の献血運動を行いました。

DSC_3720

DSC_3720

本日の採血目標は70人。クラブ会員は、事前希望者登録、午前午後に分かれて啓発ティッシュを配布と共に献血を呼びかけました。午前中37人、午後四時締め切りで目標達成のペースでご協力頂きました。有難うございました。

 

令和3年 自由民主党下関支部 代議員総会 4/3 

DSC_3710

DSC_3710

安倍晋三前内閣総理大臣をお迎えし、総会が開催された。先の市長選で再選を果たした前田晋太郎市長は挨拶の中で、下関市立大学の卒業式においてはじめて国歌『君が代』演奏されたこと、これから行われる入学式は、対面で行われ、無論国歌斉唱は行われる旨報告された。

審議は、第1号議案『令和2年活動・決算報告』、第2号議案『令和3年活動方針・予算(案)』について承認した後、

DSC_3718

DSC_3718

第3号議案 役員人事において、塩満久雄県議会議員を次期支部長に選出、併せて新役員案を賛成多数で可決した。当方も二度目の幹事長に就任させて頂きました。

 

下関西ライオンズクラブ 下関市立大学新規入学留学生への生活応援グッズ贈呈式 4/2

DSC_3035

DSC_3035

櫻花爛漫の時を迎え、新たな新入生を迎える頃となりました。

西ライオンズクラブでは兼ねてより市大国際交流センターと協議を重ね、新たに来日された留学生の皆様が、いち早く下関市に溶け込んで頂けること、新生活スタートに当たって戸惑いや困ったことを少しでも解消することへの貢献の手立てとして『新生活応援グッズ』の寄贈を決定し、本日贈呈式催行となりました。

DSC_3703

DSC_3703

大学側より、山村理事長、川波学長、韓副学長、砂原副学長外関係者、

DSC_3706

DSC_3706

西クラブからは亀甲会長以下12名、新留学生代表として四名の皆様の参加を頂きました。

 

当日は新入生のオリエンテーションに当たった、センタースタッフより、新留学生は『この日下関市の皆さんに暖かく迎えて頂いたことが本当に嬉しく、励みになりました』とのメッセージを頂いた旨コメントを頂きました。

2021年3月27日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 8:04 PM

観音崎自治会 総会 3/27

一、令和2年収支決算について審議、ご承認を頂きました。

続いて、二、令和3年活動方針について意見集約を行いました。●福祉弁当継続 ●昨年コロナ感染拡大につき中止となった『川棚 おたふく(川棚グランドホテル)』での交流懇談会につき、秋以降実施の方向で検討 ●夏休み中のラジオ体操本年も実施 ●『百歳体操(金曜日 午前10時~12時)』事業につき\20,000の助成を行う。 

三、その他 ●年末の『おせち調理』配布につき再開積極検討要望、●名陵校区三校での小中一貫校移行一連行事に協賛金支出を見込んでおく。

等協議しました。    

 

          

第二回 北浦街道 まち歩き・お宝探し 3/27

00200001

00200001

中東地区まちづくり協議会 地域づくり部会主管の標記街歩きの会が催行され参加しました。社会福祉センター4F大会議室にてオリエンテーション、赤岸通り~奥小路通りを経て勤労福祉会館を目指す散策コースで開催されました。

210327記念写真

出発前、貴船公園内の『下関重砲兵連隊跡の碑』をバックに参加者記念撮影。今回、新たに①『黒石堂医院跡地』、②『大照院』、③『関門洋裁学校』等に纏わる場所など発見させて頂きました。

DSC_3692

DSC_3692

奥小路の櫻並木は見頃で、

210326ライトアップ

ちづくり協議会において既にライトアップも行っています。

好天に恵まれ、楽しい一時になりました。

 

 

下関市議会四月臨時議会 4/12~14

4月開催予定の臨時会へコロナ感染第三波を念頭に予算総額約8.1億円、

施策①、「下関市事業継続緊急給付金」 2.6億円、更なる感染防止対策・医療提供体制強化として施策②・施策③「宿泊療養施設」「新型感染症相談窓口」それぞれ設置期間延長(2.8億円と1000万円)、施策④「子育て世帯生活支援特別給付金」2.6億円等が付託される模様です。

●議案とは別に給食新調理場への要求水準も示され、保護者へ本事業への理解を深めるためのチラシも配布されるようです。

●今後の議会開催予定は5月に改めて臨時会(毎年 港湾・臨海土地造成 特別会計において繰上充用を行っています)、6月に施政方針表明を行い、各派代表質問行われ新年度の議論に入ります。

2021年3月20日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 10:50 AM

櫻花爛漫の候を迎えて 

DSC_3681

DSC_3681

緊急事態宣言が解除となりました。コロナ感染者病床占有率は下がってきたものの、新規感染者数は下げ止まり状況で、リバウンドを懸念する声も多いようです。下関市でも、中心部に軽症者向けのホテル確保が完了、医療従事者に続き4月半ばより高齢者へのワクチン接種が予定されています。

そんな中、本年の櫻の開花は例年より早い模様です。各地の櫻お楽しみ下さい。

 

『下北道路』ルート決定報道 3/19

210320ルート

3月19日、国土交通省は、『下北道路』計画段階評価対応方針を示し、両市を最短で結ぶ、集落市街地回避ルート(日明~迫町)を選択する事を決定した旨が新聞報道された。

今後、環境影響評価を経て、両市それぞれ都市計画決定に向けての事務作業が始まります。昭和17年鉄道、昭和33年関門トンネル、昭和48年関門橋に続き、新たなルートが現実のものとなりつつあります。

 

下関市夜間急病診療所 更新整備について

DSC_3679

DSC_3679

2月定例会に付託された補正予算の中で、『下関市夜間急病診療所』更新で2億円の予算が計上されました。本年10月の竣工を目指し、スピード感をもって施設更新整備に当たるため、下関市医師会に事業委託がなされました。

DSC_3673

DSC_3673

00190001

00190001

昨年来のコロナ感染拡大に伴い、診療所横に『発熱外来(14:00~17:00)』が設置されましたが、従来、感染・非感染区画の分離が無く、屋外設置となりました。今回の整備方針は、屋内に感染・非感染区画を設置することも主たる目的です。診療時間19:00~23:00、診療科目小児科・内科、血液検査など検査技師は配置されます。入院施設は有りません。

今回新たにレントゲン設備整備が実現するとのことです。

DSC_3675

DSC_3675

建設位置は、現医師会館と診療所の間で、旧看護学校(熊本地震の折主柱に亀裂が入り構造上の課題が表面化、生徒の安全第一に東亜大学内に移転しておりましたが、来春で閉校とのこと)跡地です。間もなくプロポーザル方式で参加業者が公募され、説明会を経て、プロポーザルを受け事業者が決定される方向です。

2021年3月13日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 6:07 PM

名陵同窓会 入会式参列 3/10

本年卒業予定者は、H17~18生まれの皆さんで、本市が周辺四町と合併を果たした頃、生を受けられた方々。『光陰矢の如し』ですね。

 

交通系ICTカード利用開始(サンデンバス)3/6

DSC_3666

DSC_3666

利用開始が待望されていたカードの利用が愈々実現しました。かつて市民との集いで『我々が何故故郷下関を捨てるのか』との意見発表がありました。一番は職場の問題かと思いきや、交通系ICTカード利用が享受できないことでした。立地適正化計画と公共交通再編の計画策定と相俟って実現をみました。因みに利用可能カードは、『nimoca』『SUGOKA』『はやかけん』『ICOCA』『PiTaPa』『Kitaca』『manaca』『TOICA』『PASMO』『Suica』の十種です。現場の混乱は伺っておりません。

 

安心・安全のコミュニィティづくり (高台収集に加え、ふれあい収集へ挑戦)        

「市内中心部において、13ケ町(2000世帯)が中心となり、2018年に『町内手伝い隊』を結成、行政との協働を模索する中で、南部町エリアにおいて『高台収集(生ごみ、週1回:金曜日午前中)』が実現(2020.1.17~)した後、6月より笹山(高台1ケ所)でも試行収集が始まり、南部町⇒ステーション2ケ所で対象40世帯+笹山町ステーション1ケ所で対象20世帯での収集実績は2020.1~10月で 734袋(1980kg)で一袋当たり 約2.7kg(市平均値:4kg)と報告さました。尚、収集体制は軽トラック1台に人員2名で対応しています。

DSC_2800

DSC_2800

要支援以上の要介護状況で、ゴミ出し困難世帯と認定された場合、自宅迄収集に行く『ふれあい収集』が、本年秋以降試行収集~令和4年度正式稼働が計画されています。

その場合、当面は、一日50世帯*5日の250世帯迄を対象に収集計画が練られていくようです。

 

現在本市では、新たな需要に対し人員不補充と新たな予算を伴わない 方法で対応を考えています。令和3年度は、従来1G10台を9台とし、一部民間委託を実施する。パッカー車乗車2人体制(従来3人)の試行を行い、併せてゴミ出し困難者への支援事業へ取り組む事になります。本事業に関し、ここ数年の環境部のご努力に注目しています。

 

 

 街中再生開発について日和山公園周辺地区まちづくり構想が佳境へ入りつつあります。

210312構想図

『関門海峡を望み 暮らし続けることのできるまち』から出発して、日和山公園の再整備、空き家の解消・リノベーション、域内移動手段の拡充等を通じて中心部の居住環境整備計画が纏まりつつあります

2021年3月7日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 11:05 AM

下関市長選 並びに 下関市議会議員 補選告示 3/7 

 

任期満了に伴う下関市長選、市を二分するような政策の対立軸も無く、盛り上がりにかけるとの意見もありますが、我々に最も身近な投票に是非お出かけ下さい。市議補選に関しては、前市議(自民党公認)、新人など四名で争われます。(3月14日投開票)

 

      

名陵校区地域子ども教室 3/6

DSC_3658

DSC_3658

小春日和のこの日、今年小学校を卒業する六年生3名を中心に10名の児童生徒が参加。最初に徳本先生の点呼に応え『はい、元気です』と言葉を返します。互礼の後、最初に六年生への祝辞申し上げる機会を頂きました。教室で用意した記念祝い品贈呈と徳本先生は六年生全員に紙袋2袋分のアルバムを用意。その後、白玉を頂きフリータイムにと皆さん楽しい一時だったと思います。 

           

第40回 生鮮食品等流通Zoomセミナー参加報告

DSC_3646

DSC_3646

 

催者を代表して、波田 下関水産振興協会長より、『本年度高度衛生市場である大和町市場が竣工の運び。主たる目標である海外販路拡大の為、2016年2月設立の下関地域商社フードジャパンによる輸送サポート事例として、『シンガポール即日輸送実験【3:40am 萩シーマートより アマダイ・アオハタ・オーウチボラ等5品目+5:45am 唐戸にてクエ・タコ・アナゴ・アンキモ・アワビ等追加し、7:00am 福岡空港着。10:55~16:00で空輸、~19:30に通関、20:00~21:00で四店舗に配達。先方からは『鮮度OK、営業中の荷受・包装資材の品質UPが課題か?』等の意見有り。

 

山口県議会 自由民主党代表質問 

【商業捕鯨再開を契機に、捕鯨やクジラ食文化への関心が高まる中、捕鯨産業の振興による地域活性化にむけて、今後どう取り組むのか】という友広巌議員の質問に対し、村岡嗣政知事は「本県では古くから捕鯨が盛んに行われ、近代捕鯨発祥の地として関連産業が集積し、捕鯨文化が育まれて来たところであり、商業捕鯨再開を契機とした下関の母港化の実現により、捕鯨産業を振興し地域経済を発展させることが重要である」その為に①【鯨肉の消費拡大に向けて県内全ての小中学校等で鯨給食を年1回から3回に拡充し、併せて、食文化に関する食育活動を推進する】、②【県民への拡充に向けても100店舗まで増加した、鯨料理店の更なる拡大を図ると共に、魅力ある観光資源ともなるよう、新メニューの開発を支援する】、③【捕鯨文化の促進にむけて、9月4日を(クジラの日)として、鯨の歴史等まとめたサイトの開設等して集中的な情報発信を行う他、唄や祭り等の保存活動への支援を通じ、後世への継承に努める】、④【母港化の実現に向けて、国への要望等を継続すると共に、下関市と連携し、係船場所の確保など受入体制の整備を進める】という答弁がありました。

次ページへ »

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.