2018年2月12日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:32 PM

会派視察 2/6~8

20180207那覇市

宮古島市並びに那覇市を訪問。●宮古島では歴史文化ロード整備事業についてお聞きした。昔青年会議所で文化マップを作製した経緯があるが、六つのエリアに分け『綾道(あやみち)』と命名されたパンフレットが作成されている。(会派視察 2/6~8 宮古島市並びに那覇市を訪問。●宮古島では歴史文化ロード整備事業についてお聞きした。昔青年会議所で文化マップを作製した経緯があるが、六つのエリアに分け『綾道(あやみち)』と命名されたパンフレットが作成されている。(12,000部)◆地区内の文化財を指定・未指定を問わず、調査・選別し、散策コースとして策定されている。小~高校生が理解できるようイラストを多用し文章共分かりやすく編集されている。あとは、②コース内標柱・説明版作成設置、③文化財WEB公開、④コース内環境美化除草清掃、⑤毀損文化財復元と続く。パンフレットは副読本足りうるし、それを利用しながら現物を視察検分することが出来る。

20180210171221

●那覇市 では、タブレット導入について。協議に入る前に議場を見て欲しいとの事で検分。楕円形に椅子が並び執行部と議員が横に並ぶ所もあり、傍聴席からはすべての出席者を見ることが出来るよう配置されています。導入に当たりH26.1鳥羽市議会視察その後、逗子市、流山市、飯能市、中野区等視察の後精力的に作業が進められたようだ。市の長期計画等を携行するタブレットで検索、随時何処でも必要に応じ協議・説明出来るのが良いとのお話。H28.4導入された。下関市もH30.4月より紙情報と二元方式で運営、H31年本格導入となる。本格導入時の混乱等に対する質問⇒議場にもスタッフ配置補助、大きな支障は無かった。

DSC_0114

DSC_0114

立地適正化計画とコンパクトシティ形成 2/5

地域科学研究会主催の標記セミナーへ政務活動で参加した。第一講を担当する工学院大学建築学部まちづくり学科教授の星卓志氏が『コンパクトシティ形成をめぐる論点と実現手法の課題』と題し講演。冒頭、六年前まで札幌市に奉職し計画策定を担当したことと国交省強権的手法への反発、①居住誘導区域内居住者の生活環境が維持され、区域外居住者の生活環境が劣悪になることは『公共の福祉:都市計画法の目的』に反するのではないか。②一部の例外を除き、市街地を消滅させることはすべきではないし、できもしないのではないか。③平均人口密度の低い都市は市街化区域全体の人口分布を平準化する(集約化しない)方が、全体としての持続可能性が高いのでは との三点の理由で警鐘を鳴らされた。◆都市計画法は都市の拡大成長を計画的に制御するための手法であり立地適正化計画は都市の縮小を進めるための手法◆⇒郊外化対策は都市計画制度による制御が必要⇒個々の建築行為を都市計画行政で協議調整する仕組みづくり⇒川の流れ自体を抑えるのが先では? 最後までお目通し有難うございました。今後共尚一層、ご指導・ご鞭撻お願いします 12,000部)◆地区内の文化財を指定・未指定を問わず、調査・選別し、散策コースとして策定されている。小~高校生が理解できるようイラストを多用し文章共分かりやすく編集されている。あとは、②コース内標柱・説明版作成設置、③文化財WEB公開、④コース内環境美化除草清掃、⑤毀損文化財復元と続く。パンフレットは副読本足りうるし、それを利用しながら現物を視察検分することが出来る。●那覇市 では、タブレット導入について。協議に入る前に議場を見て欲しいとの事で検分。楕円形に椅子が並び執行部と議員が横に並ぶ所もあり、傍聴席からはすべての出席者を見ることが出来るよう配置されています。導入に当たりH26.1鳥羽市議会視察その後、逗子市、流山市、飯能市、中野区等視察の後精力的に作業が進められたようだ。市の長期計画等を携行するタブレットで検索、随時何処でも必要に応じ協議・説明出来るのが良いとのお話。H28.4導入された。下関市もH30.4月より紙情報と二元方式で運営、H31年本格導入となる。本格導入時の混乱等に対する質問⇒議場にもスタッフ配置補助、大きな支障は無かった。 立地適正化計画とコンパクトシティ形成 2/5 地域科学研究会主催の標記セミナーへ政務活動で参加した。第一講を担当する工学院大学建築学部まちづくり学科教授の星卓志氏が『コンパクトシティ形成をめぐる論点と実現手法の課題』と題し講演。冒頭、六年前まで札幌市に奉職し計画策定を担当したことと国交省強権的手法への反発、①居住誘導区域内居住者の生活環境が維持され、区域外居住者の生活環境が劣悪になることは『公共の福祉:都市計画法の目的』に反するのではないか。②一部の例外を除き、市街地を消滅させることはすべきではないし、できもしないのではないか。③平均人口密度の低い都市は市街化区域全体の人口分布を平準化する(集約化しない)方が、全体としての持続可能性が高いのでは との三点の理由で警鐘を鳴らされた。◆都市計画法は都市の拡大成長を計画的に制御するための手法であり立地適正化計画は都市の縮小を進めるための手法◆⇒郊外化対策は都市計画制度による制御が必要⇒個々の建築行為を都市計画行政で協議調整する仕組みづくり⇒川の流れ自体を抑えるのが先では? 最後までお目通し有難うございました。今後共尚一層、ご指導・ご鞭撻お願いします

2018年2月10日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 3:23 PM

考古学博物館 :朝鮮通信使 展示開始 2/3

 

DSC_0113

DSC_0113

ユネスコ『世界の記憶』登録記念 特別展オープニングセレモニーに参列させて頂きました。外交記録で江戸時代最初の来日時、津島藩により

徳川将軍宛の国書が改作されている事を承知で、国交回復が図られたのも興味深い。

 

中央地区自治連合会 会長会議 2/1 東南部町で自治会長交代が有り、三人目の女性自治会長をお迎えし、H29年度の締めくくりとH30年度に向けての意見交換を行いました。既に進めている生活支援(おたすけ隊発足)事業に加え、防災・環境事業の一環として町内空き家調査に向けて第一歩を進める旨を申し合わせました。

 

名陵中 立志会 2/1 

DSC_0112

DSC_0112

本校 柔剣道場において在学二年生の諸君が一人づつ最上学年進学に臨み志すところを述べる会に参列。象徴となる漢字を示しながらの発表、声の小さな生徒が1/3程度見受けられたが、目指す成人像が伺えて興味深い会でした。

 

2018年1月31日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 7:18 PM

三校研究協議会 1/31

DSC_0109

DSC_0109

名陵中学校において校区内三校の研究授業と各学校運営委員会委員も参画して、『学校において生徒たちの表現力・発信力を高めるために』『学校が地域に向けて出来ること(地域支援)』『学校が地域にお願出来ること(学校支援)』等について六班に分かれ協議を行った。◆表現力等UPについてディベートの効用と、授業においてもグループ協議等ルールを守って話すこと聞くことを身につけさせる。』◆地域貢献については、防災・地域福祉活動への積極参加◆学校支援では、人材発掘と連携強化等の意見が出た。

 

快適な環境づくり研修会 1/29~30

DSC_0105

DSC_0105

岩国市において会議が開催され参加。色々と示唆多き研修であったが中でも、VMAT(獣医師・動物看護士等1チーム4~5名の構成され、大規模災害時や多くの傷病動物発生時に現場において急性期な活動出来る獣医療チーム)の講話は興味深いものだった。3.11時のペット等の救出や収容、避難所での対応。『多頭飼養禁止:災害時自ら抱えて行ける量のペットでなければ、飼い主自身が避難出来ず却って周囲に迷惑をかけることにもなる。』『避難所に隣接してシェルター等が無いと人と動物が一緒に避難所生活を送ることも不適切~故に老夫婦が屋外にペットと共に寝起きするというケースも起こる』等課題を頂いた。

Filed under: 未分類 — hayashi @ 7:13 PM

中東地区まちづくり協議会 ふれあい農園・健康福祉部会 1/27

 

午前十時より貴船町所在ふれあい農園に概ね100名の皆様が集合。昨年9月種をまいた大根の収穫を行いました。4ケ月余りですが大きく成長したものも多く、皆さん大感激。親子連れも多く和気相愛の収穫でした。午後から街協事務局において『健康福祉部会』に参加させて頂きました。昨年来協議を重ねてきた、軽スポーツ用具『トリコロキューブ』『ラダーゲッター』購入と管理・活用方法等、併せて来年度の活動計画等に付いて意見集約を行いました。『他の街協の取り組み等について現地視察を望む声』もありました。

 

(一社)山口県宅建協会下関支部 創立60周年記念行事・懇親会 1/26

 

昭和34年『下関不 動産組合』設立から60年の歩みを重ねて参りました。記念講演講師として、丸順不動産株式会社 代表取締役 小山隆輝氏を招請し、『地域の価値を高める不動産業』と題してお話を頂きました。『住みたいと思ってもらえる街、選んでもらえる街を目指さなければ、この街の人口はますます減少し、商店は閉まり、空き地や空き家が増えてしまう。』『この商店街も空き家だらけ。不動産屋さんが頑張って、ひとを集めてこなかったら町がどんどん寂しくなるやないか』の問いかけに応え、不動産業者だからこそ出来るまちづくりに挑戦が始まりました。下関市も正にその時を迎えています。記念事業として、①3月10~11日に2月24日供用開始される扇町人工芝グランドにおいて少年サッカー32チームがエントリーしての『ハトマークカップ争奪少年サッカー大会』を開催予定、②東亜大学と連携1Kアパートのリホーム提案コンペ、③フクフク子供館に児童図書寄贈等行いました。

 

市議会 建設委員会 & 街協計画委員会『医療統合』 1/25 公共交通に関する計画等に関する報告を受け協議。委員より街のコンパクト化と公共交通の再編に関し、本市の整備計画の中の既定路線か?との意見あり。部長答弁『言葉の表現こそ違え、今日まで施策は一貫している。』と理解を求めた。医療統合にかかるやり取りの中で、『中心部に基幹四病院が集中していた時は、特化した医療の役割分担もみられた。』『総合診療が出来る医師を育てることの困難さ~かかりつけ医師確保も難しい課題』等興味深いお話を頂いた。

最後までお目通し有難うございました。今後共尚一層、ご指導・ご鞭撻お願いします

2018年1月19日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 8:40 AM

林 芳正 文部科学大臣 新春の集い 1/14

DSC_0070

DSC_0070

海峡メッセにて、新春の集いが開催されました。

村岡知事は、祝辞の中で『東京への集中率に触れ、人口は10%、大学定員25%、林大臣が地方の声を加味し東京での定員枠を現状とする方針を打ち出したこと。並びに農水大臣時代に農地集積への道筋を明確にして頂いたお陰で、県内集積4,441haで中国五県トップとなっている』ことを披露。

DSC_0073

DSC_0073

林芳正先生は、『本年は戊戌の年、戊に草冠を付けると≪茂≫となる。只繁りすぎると下草等が枯れることになる。果断という言葉があるが正に全体を俯瞰して必要な部分は間引きし全体を整え、新たな挑戦をすることが必要』

『小学生から大学卒業まで16年、小学校で習ったことが大学卒業・社会参加する時に十分役に立つことが必須条件。AIの伸展や16年前にはスマホは無かった訳で、今後16年先をにらんで何を教えるか?が重要課題』

『オリンピックはスポーツの祭典と共に文化の祭典でもある。1964年は日本が欧米を取り入れる中開催されたが、2020は日本独自の物を伝えたい。』等述べられた。

2018年1月14日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:21 AM

西信経友会 1/11 & 大韓民国民山口県地方本部1/13 新春の集い 

DSC_0057

DSC_0057

経友会は海峡メッセに会場を移し会員多数参加して新春を祝いました。

DSC_0059

DSC_0059

昨年12月赴任された広島総領事館 金総領事臨席の下開催。挨拶の中で『韓国に革新政権が誕生したが、日韓関係のへの考え方は明確で日韓友好関係の更なる推進は不変』等述べられました。

DSC_0061

DSC_0061

 

交通安全祈願祭、十日戎祭、市連合自治会理事会・研修会、楽水会 1/10

交通安全協会『交通安全祈願祭が催行され参列。◆H29交通事故 死亡事故は、全国3,694件(対前年度▲210件)、下関署管内は、交通事故853件で昨年より▲7、死者数10人で+9人となっています。

十日戎祭が南部町 恵比寿神社で催行参列。

DSC_0053

DSC_0053

連合自治会研修会では、『消費セミナー』と銘うって市消費生活センター 津田龍一相談員より≪クーリングオフ≫、≪電話を活用しての詐欺行為の現状≫等お話頂いた。

DSC_0054

DSC_0054

楽水会では櫻山神社 阿部恭久宮司が維新150年、高杉晋作について講演を頂いた。

2018年1月9日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:40 AM

安倍晋三先生 新春互礼会 1/8

DSC_0046

DSC_0046

DSC_0047

DSC_0047

多くの来賓と会場溢れんばかりの講演会会員各位を迎え盛大に開催されました。二月に二期目の任期に挑戦される村岡つぐまさ知事は来賓祝辞の中で、最初の任期四年の中で100社の企業誘致に成功したこと、山口県産品(工業製品含)販売高十倍、就職率等も順調に伸びて来ていると実績を報告すると共に時期への抱負を力強く語りました。安倍晋三先生は、昨年実質GDP529兆円に達したこと、民主党政権時0.83倍であった有効求人倍率は1.56倍(山口県は1.66倍)、インバウンドも2800万人を越え4兆円の消費を齎している事を挙げ、経済は着実に上昇気流にある点を力説した上で、本年の新たな課題に付いて分かりやすくお話されました。 

DSC_0045

DSC_0045

                    

下関歩こう会 新春例会 1/7

DSC_0041

DSC_0041

8時45分赤間神宮に集合、本年一年無事安全に事業が実施出来ることと、会員の無病息災を祈願、式典後宮司より本年は、『戊戌』の年干支にかかるお話、840年前の戊戌(1178)年は安徳天皇生誕年であり、60年前(昭和33年)は関門トンネル開通の年等お話を頂きました。正式参拝後、9時30分赤間神宮を出発、みもすそ川まで海岸線~火の山登山口~ロープーエー・ユースホステル・海峡ビュー~前田から長府 乃木神社参拝~住吉神社迄の行程で散策、初歩きを皆様と楽しみました。

2018年1月8日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 1:55 PM

新年明けましておめでとうございます。

平成30 (戊戌:つちのえいぬ)年を迎えました。

 

201312221711000

201312221711000

昨クリスマスに毎年参加している九州交響楽団主催のベートベン交響曲no9を合唱団テノールの一員で歌わして頂きました。

DSC_0326

DSC_0326

28日は鎮守八幡宮境内で、29日は観音崎公園でふれあい餅つき大会を行い搗いたお餅と黒豆・お神酒と共におせち料理(市社会福祉協議会の助成を受け築社会福祉協議会事業として)域内75歳以上単身世帯希望者118名にお届けさせて頂きました。

 地区社協では、域内交流事業の一環として、王江・名池小学校生徒皆さんから地域のおじいちゃん・おばあちゃんへのお手紙も添えさせていただき、あらかじめ用意した年賀状で生徒の皆さんにお便りを頂く企画を行っています。

DSC_0009

DSC_0009

180101日ので

大晦日から元旦にかけて午前零時を期して、櫻山神社で『歳旦祭』に参列、維新改元150年となる平成30年を迎え、市内年始参り午後からは宮地獄神社へ参拝させて頂きました。

DSC_0012

DSC_0012

 新年は穏やかな天候に恵まれました。H30年が実り多き年になることを念ずると共に、活動方針として①維新150年、日本遺産活用を念頭に観光政策、②都市整備行政、③教育行政等に着目すると共に、文化活動を通して潤いのある街を目指し、④中東地区まちづくり協議会 地区計画策定などを着実に進めてまいりたいと存じます。

                    

新春初競り と 名刺交換会 1/4~1/5 1/4

DSC_0017

DSC_0017

午前3時南風泊市場に関係者多数相寄り、フクの初競りが行われました。高値はKg当たり13,000円とのことでしたが、この活気が下関を牽引する力ですね。

DSC_0018

DSC_0018

午前11時からは海峡メッセにおいて恒例の『名刺交換会』、その後会派会議を開催。

1/5午前零時30分からは大和町漁港、午前6時からは青果市場(地方卸売)初競りと続きました。

来賓祝辞の中で『現在、中央市場を中心に市場法の改正に向けての議論が活発化』市場代表者からは『昨年後半から根菜類の価格低迷に苦慮している』等のメッセージが発信されました。

      

消防出初式 1/6 

 

DSC_0033

DSC_0033

DSC_0038

DSC_0038

来賓として村岡知事参列の下、H29年度 消防出初式が挙行され参列。パレードは、暖かい日差しの下整然と行われました。

2017年12月28日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 5:51 PM

門松制作&市社会福祉協議会 玄関に設置 12/22

dav

dav

年の瀬を間近に控え、中東地区まちづくり協議会有志により門松(松竹梅の内 松・梅は後日)制作、域内所在の市社会福祉協議会玄関に設置しました。市社協は2025年地域包括ケア実現を目指し、7名の生活支援コーディネーターの活動拠点ともなっています。中部地区社協(名池・田中町~豊前田13ケ町)では、自治会長・民生委員・福祉員有志に社協・包括より参加頂いて現在WGを創り、アクティブプラン策定中です。

市議会12月定例会 一般質問 

◆ボートレース事業⇒ナイターレース導入後の状況:H29年度当初予算では、一般会計への繰出し金として5,000万円を計上していたが、別途1億円繰出し子ども未来基金に引き当てる。H30見通しとして8,000万円を考えている。更に嵩上げが期待されていると思うが、施設老朽化もあり建設改良積立金を充実しなければならない現状。因みに来年『大村』でもナイターレースが開始される。

◆小中学校給食無償化については、現状小学校6.2億円・中学校3.2億円で合計9.4億円。難しい。

◆公共施設跡地利用⇒用途廃止されたもので他に利用方針が立たぬものは解体後売却が基本的考え方。国庫補助を得て建設された教育委員会所管建物等は建設後40年経たものが目安。建物付き売却については今後手法を研究したい。

◆『地域医療構想』で地域の医療機関が無くなるのでは?⇒≪将来に渡っての四病院維持は難しい。≫医師確保には、若手医師にとって専門医研修が行え安い状況が必要で、500床以上・医師200名程度の医療機関が必要だ。総合診療医、かかりつけ医師等が必要だ。

◆国民健康保険 保険料負担の軽減⇒本地域は、「収入基準が低く、医療費が高い」ことが特徴。直接的には、医療費の適正化・保険料収納率UP、ジェネリック薬品の活用等が上げられる。

dav

dav

◆唐戸商店街シャッター化に付いて⇒現在250店舗中200店舗が営業。シャッター降りている50店舗の内8店舗は貸す意思無。

◆創業支援カフェ⇒相談143件中創業3件。◆ヘルシーランド再オープンの時期⇒H27.12.25閉館し、その後降高熱水管敷設替工事の入札不落が続く中、H30秋にはとの答弁。

◆まちづくり協議会への交付金⇒当初1協議会当たり300万円が本年度580万円に嵩上げされている。市長答弁では、『あくまでも現状をよく精査したうえで』と慎重だが、平均当初金額300万円に戻るのではとの風聞を仄聞します。

◆図書館基本計画⇒10月から1ケ月実施されたパブリックコメントは、24人・79件

◆学校図書館への司書配置⇒現在配置されている方々の成果を評価、ボランティアの活用と司書の派遣先変更を考えるとの答弁に異論。

◆自主防災組織現状⇒組織率 H28.4時点で 97.2%

dav

dav

◆あるかぽーとテラス(株)の顛末等多数質問有り。

2017年12月23日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 12:27 PM

12月定例会 一般質問 12/13

この日午前中二番目に登壇、①都市整備行政 ②環境行政 ③文化財保護・教育行政 について質しました。

①都市整備行政に付いて⇒現在本市においても国交省が旗を振る『多極分散ネットワーク』を構築すべく、街のコンパクト化と公共交通再編に向け作業が進められています。

◆立地適正化計画について『来年2月より街づくり協議会で意向調査を行い』年度内の骨格の方針を策定。30年度一定地域の居住施設、中心部に都市機能施設を誘導する計画が、誘導インセンティブ(補助制度等)と共に示されることになります。誘導地域については学校統廃合での跡地も有効なエリアとなります。

◆公共交通再編については、『下関市総合交通戦略』『下関市地域公共交通網形成計画』が年度内に策定されます。両計画が連携する中で、イメージとして全市を俯瞰して今後 居住施設・都市機能施設 を集積する核を想定、誘導インセンティブを活用し集積を図ると共に核と核を結ぶ公共交通の更なる利便性を図る方向です。

◆『密集市街地環境整備事業』⇒JR下関駅から唐戸を結ぶ所謂北側斜面地の環境整備と土地の有効利用に向け事業が『第二次下関市総合計画』の実施計画に登場し動き出します。

◆『所有者不明の土地』について⇒本年6月1日『長きに渡って相続登記がなされず、所有者不明の土地が公的利用を妨げるケースが増大したことなどを理由に政府が新制度着手する旨』『法務省が全国十万ケ所・十万筆の土地でサンプル調査を行う。最後の登記から50年を経過する土地が、大都市圏で6%超、それ以外25%に上る』旨が新聞報道され、今月5日から特集記事も掲載された。従来『26年納税通知が届かず返送になったもの700筆33万㎡』『地籍調査実施で5,831筆中0,4% 22筆が所有者不明』等の答弁がある。

②環境行政について⇒◆180t炉焼却施設基幹的設備改良事業: S54 150t炉、S62 220t炉が建設され、H14 当該180t炉建設時にS54 150t炉が廃炉、H28 170t炉が180t炉に併設される折に S62 220炉が廃炉~解体され今後その敷地にストックヤードが建設されます。今回はこの間一連の議論を通し決定した、「180炉の性能長寿命化を行い 170炉と廃炉時期を合わせ、旧220t炉敷地にその時点での需要に併せ 1ピット+二炉 施設を建設、その後交互に更新して行く方針」に変更が無いか?の確認が主たる目的でした。

◆豊浦大津環境浄化組合清算業務⇒未払金等清算済み報告。本年度中に処理棟等の解体をもって清算業務終了。当初残すとされた管理棟も解体となりました。その後のピット増設は下関市の業務となります。

③文化財保護行政⇒◆日本遺産普及啓発イベントについて『当日東京~北九州~下関会場に400名を越える参加者有一定に成果有。ユーチューブで今後も映像を見れるが当日以降のアクセスすうについては確認出来ていない。』等答弁。アーツ千代田の施設利用にも関心有とした。  

次ページへ »

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.