2017年8月18日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 7:58 AM

残暑お見舞い申し上げます

dav

dav

 

第67回 亀山八幡宮林間学校 閉校式 8/10 

170810_065428

170810_065428

8/1第67回を迎えた亀山八幡宮林間学校入校式(108名)。儀式殿で《本の読み聞かせ:名池小PTAサークル「よつばの会」:『家の中の神様』『どろんこそうべい』等四冊》、後「粘土工作」「書道・絵の稽古」「一日旅行:福岡市博物館(ファラオと大ピラミッド展)」「七夕飾り付け」「おもしろ科学実験」「ふるさと歴史散歩」等。

 

下関市出資法人調査特別委員会 8/7~9

①公営施設管理公社、②土地開発公社、③水道サービス公社、④海洋科学アカデミー、⑤菊川町まちづくり株式会社、⑥文化振興財団、⑦豊田ふるさとセンター、⑧豊田湖畔講演管理財団、⑨豊浦産業振興事業団、⑩豊田あぐりサービス の十事業所について精査した。

事前に①、④、⑤、⑥、⑩については現地視察を行い、現場での意見交換を行っている。先の六月議会で②土地開発公社の発展的解消を図り、現在公社がかかえる土地9内、一部を除き取得原価+契約までの経費 で本会計で買い戻す方針が伝えられていた。①28年度は、(A)満珠荘指定管理料見直し、(B)成長級(能力給)給与制度完全実施、(C)採用試験による新卒者採用 の三方針堅持。『経営改革は道半ば、市の公的支援に依存した体質で、未だ独り立ち出来る状況にあるものの、当該法人に残された道は、国が示す「ゴーイング・コンサーン」であくまでも企業存続の道しか残されていない。従前赤字経営を続けてきたが、当期一般正味財産増減額において、約1,023万円の黒字に転換。』で大幅な改善が見られた。(以降:次号)

 

櫻山神社 創建祭 8/6 

dav

dav

創建152年を迎えた櫻山神社。多くの参列者を迎えしめやかに創建祭が催行された。後、下の社務所にて 西郷隆盛 曾孫の 西郷隆夫氏の記念講演を頂いた。尚、帰省中の 文部科学大臣 林芳正令夫人 林裕子氏が参列、記念講演にも参加された。

dav

dav

西郷氏は、『歴史において史実は【報道用】【教科書用】【封印】の三形態となる。西郷さんに纏わるエピソードもしかり。』『西郷さんは、理論もさることながら、人柄・気配りの人。逸話として、西郷さんの所持品を盗んだ者が引き出され許しを請うものに対し、配下より金子を出させ、買い戻す~これを元手に今後生活を質すよう諭すと本人はその後立派な事業を打ち立て社会に貢献した。』といった具合。

Filed under: 未分類 — hayashi @ 7:50 AM

みもすそ川町 盆踊り大会 8/5

 

今日、単一自治会で櫓を組み盆踊りを行っている所は少ない中で、今年町内公園において今年も開催。お手伝いの人出も限られる中、数日をかけて設営されたとのことでした。町内約350世帯の内250世帯がマンションや集合住宅居住だそうですが、町内加入率は100%とのこと、会長のご努力に敬意を拝しつつ参加させて頂きました。太鼓指導者も町内一員です。

 

下関美術館 『川原慶賀植物図鑑』展 オープニング参列 8/5 

mde

mde

本人は江戸後期 長崎の画家で、出島出入り絵師として 風俗画・肖像画・生物の詳細な写生画を描いた。シーボルトが商館付き医師として来日(1823年)、日本の動植物等を蒐集し、慶賀に依頼し『日本』と本の挿絵として描かせた。展示された風俗画は当時の生活様式を今に伝えている。冠婚葬祭等も題材に、死者のお棺の埋葬風景まで作品となっていた。~9/24

                              

西ライオンズクラブ 追悼例会 8/4 

170804_193505

170804_193505

 

昭和39年に創立された下関西ライオンズクラブ、物故会員も40名近くいらっしゃいます。当日は、皆様の遺影を祭壇に配置し、献花を行いご冥福を祈念すると共に往時を偲ぶ場となりました。

下関北九州道路整備促進大会 8/3

 

福岡・山口二県、北九州・下関二市の知事・市長・議長、域内選出市・県・国会議員、経済団体会員多数結集して標記大会が開催されました。

保護司会研修&優秀作文表彰 8/2 

 

170802_140347

170802_140347

午後1時30分より勤労福祉会館において(Ⅰ)保護司と学校との連携について、(Ⅱ)違法薬物に関する基礎知識 と題する研修に参加。学校の状況について、特段印象に残ったのは不登校生徒の増大案件。現在小学校で84人、中学校197人で、中学では精神疾患等により欠席している生徒を含めると250人との報告があった。過日『森林浴の効能と人を森に戻せば精神疾患の40%は治癒する。』との提案を想起させた。薬物に関する講演では、昨年度密輸は、歴代最多。覚醒剤再犯も65%との報告であった。併せて乱用されている薬物について・・覚醒剤・麻薬・大麻等について紹介頂いた。

2017年7月31日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 7:54 AM
bty

bty

下関市学童記録水泳大会 7/30

dav

dav

 

本日も炎天下となり、過酷な環境の中、無事学童記録記録会を開催することができました。今回もJ-comさんに取材いただき、誠に有り難いことでした。小学校低学年の初出場者もあることから、スタート台に着く所から、本年度の大会から『ヨ~イ』を『take your marks (スタートする体制を取れ)』の掛け声に変更しましたが、その点も確認しました。お陰さまで、全員戸惑うことなくスムース競技に入れました。       

鎮守八幡宮夏越祭&源平ゆかりの会(ホスト:下関西LC) 7/29

dav

dav

mde

mde

『水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 延といふなり』と詠われています。午前十時からの本殿祭に続き、茅野輪を皆で三回潜り無病息災を念じ、正午から、神輿を担い氏子町内へ。酷暑の砌皆さんお元気で回り切りました。夕方より隣接する 春帆楼において《神戸須磨L.C.》《高松屋島L.C.》より来訪者を迎え、下関西L.C.がホストとなって、源平ゆかりの会 が開催され出席。ゲストスピーカーに ボランティアガイドの 平松資朗氏を迎え、源平壇ノ浦の合戦 のお話を頂きました。春帆楼 先帝の間からの眺めも格別で 趣のある会となりました。『海上は赤旗赤印切り捨て、かなぐり捨てたりければ、立田河の紅葉葉を嵐の吹き散らしたるが如し。汀によする白浪も薄紅にぞなりにける。主もなきむなしき舟は潮に引かれ、風に任せて。いづちを指すともなく、ゆられ行くこそ悲しけれ』(平家物語)

下関市市出資法人調査特別委員会 市内視察 7/27

8月7~9日の審査に先立って、①公営施設管理公社⇒サングリーン菊川、温泉施設 華陽、菊川温泉プール 三施設、②豊田アグリサービス⇒みのりの丘、③下関市文化振興財団⇒市民会館・先人顕彰館、④海洋科学アカデミー⇒海響館等を視察しました。◆サングリーンは本年度改めて営業部門に力を入れ、既に新たな誘客(修学旅行誘致他)に成功との報告を受ける。◆市民会館は2010年に奈落の空調を含む設備改修更新・楽屋増設等が行われていますが、今回は耐震補強を中心に整備が行われました。新たに敷設された耐力壁や天井・床の耐震補強(これは見ることは出来ませんが)後の張替工事等を確認させて頂きました。

bty

bty

◆海響館ではちょうどペンギンへの餌付けが行われておりました。

お目通し有難うございました。今後共尚一層、ご指導・ご鞭撻の程お願い申し上げます

2017年7月26日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 8:24 AM

名陵校区青少年育成協議会 主催 『地区懇談会』開催 7/23 

dav

dav

bty

bty

カラトピア5F大会議室に保護者・教諭・地域の皆様が参集され『挨拶を通じ、人づくり・街づくり』と題する熟議を中心に運営。

意見交換の中では、『挨拶運動をもっと発展させ、地域に出て、来関外国人(インバウンド)も含め観光客の中にも分け入っては!』等積極的なご意見も頂きました。

 

自由民主党 下関市議団本部研修 7/20~22

有志7名が参加して本部での研修に臨んだ。自由民主党 広報本部長の衆議院議員 平沢勝栄氏に『時局講演』を頂いた。講演の中で氏は、『東京都知事選~都議会議員選挙の二度に渡る大敗で、新たな局面を迎えている。自由民主党は二つの選挙に総力戦で取り組み全国の党員・党友のご配慮もあった。一か月前世論調査で45名、一週間前41議席との結果であった。過去最低時の38議席を下回る想定はしていなかった。』と述べた。その後、憲法改正推進本部 主席専門官の 福富健一氏に憲法改正についてお話頂きました。

現在『秋の臨時国会が終わる前に、衆参の憲法審査会に自民党の案を示したい。』の意気込みで作業が進められている。  この機会に地元選出国会議員の先生方とも懇談の機会を頂きました。

 

平成29年度 下関市青少年健全育成市民会議 総会 7/18

170718_140442

170718_140442

午後二時より教育センターにおいて関係者合い集い総会が開催されました。28年度活動報告並びに29年度活動計画が主な議題。29年度重点活動目標として『家庭の日』運動推進、基本活動目標《市民運動の三運動》として、①あいさつ・ふれあい運動、②決まりを守る運動、③住みよい地域づくり運動 を決定した。記念講演は~コミュニケーション力向上うを目指して~『身体活動を通じ青少年の健全な育成を考える。』と題して、東亜大学 鍵村昌範先生が講演された。

 

第22回 海の日水泳大会 7/16

bty

bty

mde

mde

dav

dav

当初明治天皇東北巡幸から帰還され横浜に帰港した7月20日を以って『海の記念日』《海の恩恵に感謝し、海洋日本国の繁栄を祝う》国民の祝日を起原とする海の日に、下関水泳連盟主催で開催している水泳大会。今年は現在垢田中在学の 石田虎流君(日本強化選手)を含む170余名の選手が参加しての大会となりました。盛夏を感じさせる天候の下、熱戦が繰り広げられ、男子50m・100m・200m自由型、100背泳において 大会新記録 が生まれる大会となりました

2017年7月17日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 11:02 PM

唐戸商会 開設 7/15

予て唐戸町の一角で工事中でありました同店のオープンセレモニーが開催され参列。東京銀座で事業をなされている社長さんは下関市に縁を持ち関心を深められ、『多くの歴史遺産・史跡を持つ本市の可能性を追求してみたい』とのご挨拶でした。

dav

dav

2Fには本邦初ともいえるスクリーンにプロジェクターで維新回転の息吹を伝える映像やオブジェ・絵画で幕末を感じさせてくれます。

dav

dav

オープンニング展示は『嘉永六年、黒船来航による泰平の世の終焉 まさにこれ邦家存亡の時 尊王攘夷を声高に、長州男児の腕前をお目に懸け申すべく 正に回天回運の策を立てんとす 戦を求むにあらず、ただこの日ノ本を御護りを致したく存じ候』のメッセージとともに≪BLACK SHIP IMPACT≫です。お出かけ下さい。

 

 

空き家相談会 in 小月公民館 7/15

dav

dav

午後1時半、7名の皆様をお迎えして開会。先ず下関市建設部住宅政策課 空き家施策担当者おり、『下関市の空き家対策について』と題して、現状・本市の取り組み(①居住促進改修補助、②管理・流通促進補助、③危険家屋除却推進補助)について説明がなされた後、個別相談に入りました。暑さも手伝ってか、宅建取引士への相談者3名、建築士への相談2名という結果でした。

 

市政報告懇談会 7/13

bty

bty

昨年11月以来の報告会開催。6月定例会、建設委員会視察内容等と併せ、今期最も重要案件を見ている、街のコンパクト化と公共交通再編に資する 立地適正化・公共交通再編計画策定、公共施設マネジメント等についてお話させて頂きました。

◆本年4月桜山小学校との統合が実現した神田小学校跡地利用?等の質問や、国がガイドライン等を示している諸施策の本市での運用開始時期?など質問も頂きました。

 

日本遺産審議会第一回総会 7/10

 

関門地域の遺産郡に着目し、国の三ケ年に渡る補助を受ける間に(初年度4000万円)、如何にそれぞれの史跡などに対する検証、関心と愛着を持って頂ける市民を増やす事、それらを機軸とした関門一体での観光戦略などを議論していく場となります。(委員として参加・市担当 文化財保護課)

 

 

宅建ゆうほクラブ年度始めの会 7/9 恒例の打ち合わせ会が満珠荘において開催され出席本年の訪問先として京都等が挙げられました。

2017年7月9日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 5:02 PM

建設委員会 視察 7/4~5

宇都宮市、大和市、藤沢市を訪問。

大和市ではコミュニィティバス(100円、150円)と≪道路運送法上の許可を要しない無償運送≫運行を行う『のりあい』について伺いました。面積約27平方キロメートル、都心から40㎞、圏内に3つの鉄道が東西南北に走り、東京へ1時間弱・横浜へ20分弱。民間バス路線廃止に対応し、9自治会(2400世帯)の地域住民が中心となり≪地域と市の共同のりあい≫を組織、協働事業で10人乗りワゴン車(運転手:添乗者:利用者8人)が運行。 

大和市≪地域乗合交通創出支援事業≫

H16~コミュニィティバス 『のろっと』導入。

民間バス路線廃止に対応、H16年4月本格運送開始

 

  • 車両:小型バス(35人乗り)
  • 運賃:小学生以上100円
  • 運行間隔:60~100分に1本
  • 運行エリア:市内北部・南部の2ルート

北部ルート 全長約18km  約85分

南部ルート 前兆約21km  約90分

 

 

『のりあい』

dav

dav

『概要』:市域住民が主体となり運営する、住民のための移動手段創出の取り組みに、『住民組織と市のとの協働事業』の形で支援する

  • 9自治会(約2、400世帯)地域住民が中心となり組織する≪地域と市との協働のりあい≫⇒10人乗りワゴン車【運転者・添乗者・利用者8人】を使用、地域と鉄道駅・商業施設等を結ぶ移動手段の提供。コミュニィティ活性化い資する地域活動展開。
  • 運営経費⇒9自治会い属する各世帯から協力金、個人からの賛同支援金、企業協賛金、バザー収益金(350万円?)
  • 道路運送法上登録・許可を要さない。運転手・添乗者は地域ボランティア

但し、謝礼は支払われている模様 利用者は無料

  • 車両二台(350万円)、燃料・車検・保険(年間120万円)は市負担
  • 運行概要 平日運行、1周約9km周回コース、一日18周、乗降場所23
  • 平成22年からスタート、3年毎で二度更新中。24年に参加自治会が7⇒9、車両1⇒2、回数10⇒15 と事業拡大

 

≪住民反応≫

  • 運営スタッフ社会性向上、地域全体見守りに繋がる。
  • 市運行のコミュニィティバスと比べ、高齢者以外が利用しにくい

 

H26~ やまとんGO 導入

burst

burst

「のろっと」運行開始以降、未だ公共交通が利用しにくい・利便性にかける地域や勾配がきつい坂道のある地域がある⇒「交通の利便性向上を目指すべき地域」として設定⇒超高齢社会にあって高齢者が安心して移動しやすいと感じることの出来るまちの実現がも求められている。

  • 車両:ワゴンタイプ(14人乗り)
  • 小学生以上 150円
  • H26年から市内4地域で運行
  • 「のろっと」が乗り入れることが出来ない住宅地等、比較的狭い通りを運行

会派研修:『公共施設マネジメント』7/3

共施設マネジメントについて⇒1950年65歳以上高齢者:人口は1:12人であったものが、2010年では1:2.1人となっており、2060年には1:1.2人と見込まれている。生産年齢人口も2010年で166,440人が2060年には100,967人へ減少する事が見込まれている。そんな中、平成26年度末公共保有施設合計は154万7111㎡、その内、①学校教育施設は110施設48万4565㎡、②市営住宅129施設45万3013㎡ です。

H26時点で間もなく建て替え時期を迎える、築後40年以上は、①39.1%、②31.0%ですが、H46には①90.1%、②84.7%となる予定で、人口減に伴う財政収縮を考慮すると今後20年で46%の削減をする必要があるとのこと。新たな施設整備はいくつかの用途廃止を前提に考えていくべきではとのメッセージを頂きました。

 

 

下関市立名陵中学校 創立70周年記念式典・同窓会総会 7/2

学校・PTA・教育後援会と同窓会 相互連携の下、進めて参りました創立70周年記念式典は、

 

dav

dav

2日午後1時15分より下関市民会館中ホールにて、全校生徒・教職員・保護者・卒業生・地域有志参集し、市長、教育長臨席の下挙行されました。本校第一期卒業生で赤間神宮名誉宮司の水野直房様が『母校創立の頃』】と題して記念講演、「戦後大連より引き上げ、昭和22年4月市立第二中学校【鶴田延二校長】養治分室に入学(当時第三中学校設立準備中で、養治・王江・向山小学校に二クラスづつ教室を借り上げスタート)。二年生の折、上田中河野学園旧校舎へ移転~一二年生合同となり、市立第三中学校発足。校章は、一期生 佐々木壽さんの作品。三年時に名池山に木造校舎が完成、昭和25年一期生卒業と同時に校名を名陵中学校と改めた。」等興味深いお話を頂いた。

dav

dav

式典後、会場をシーモールパレスに移し、第37回総会を開催。例年を上回る多くの関係者が参集して盛会裏に閉会。

2017年7月3日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 7:52 AM

下関市立名陵中学校 創立70周年記念式典・同窓会総会 7/2

dav

dav

昨年秋から学校・PTA・教育後援会と同窓会 相互の連携を取りながら進めて参りました創立70周年記念事業挙行日となりました。本日午後1時15分より下関市民会館中ホールにおいて式典【市長、教育長臨席の下、全校生徒・保護者・卒業生・地域有志参集して開催。PTAの皆様創作による開学から今日までの記録スライド披露、本校第一期卒業生で赤間神宮名誉宮司の水野直房様が『母校創立の頃』】と題して記念講演】15時からはシーモールパレスで同窓会総会を開催致します。記念事業の一環として、去る6月22日本校体育館において、昨年リオパラリンピックで視覚障害女子マラソンで銀メダル、本年4/23のロンドンマラソンで初優勝を果たした、道下美里さん(名陵43期)の講演会を開催しました。現在校区内で小中一貫教育研究を行っている関係で王江・名池両小学校生徒も出席し概ね300名の聴衆を前に、『皆さん、これからの人生、学校・家庭・職場においてポジションを取ることが重要。どの人にも優れた点が必ずあります。』と語りかけ、生徒の◆「どういう気持ちを持つと、記録が伸ばせますか?」の問いには『成りたい自分をイメージする事。』、◆「どういう気持ちでスタート地点に立ちますか?」には『勝つのは自分しかない。勝っている自分をイメージします。』等応えられ、生徒を勇気づけられた。海峡ファンファーレ 7/1 昨晩はカモンワーフ特設スタジオで同イベントが開催、第一回のこの日は『名陵70周年』を冠りにして頂き、冒頭同窓会長としての挨拶の機会を頂き、その後当番幹事43期の皆様と一緒に校歌を斉唱。バンド演奏・パントマイム等後、最後に記念花火70発が打ち上げられました。

 

全宅連創立50周年・保証協会創立45周年記念 総会 6/29~30

mde

mde

東京赤坂『ホテル ニューオータニ』において標記の大会が開催参列。式典に続く記念講演では、ジャーナリストの櫻井よし子さんが演題に上がり、『米国・韓国首脳会談間近だが、両首脳には一抹の不安あり』として日本の懸念についてお話された。   

     

中部地区社会福祉協議会 総会 6/25

dav

dav

 

第51回総会には50名を越える皆様が参集。『地域おたすけ隊』等新規事業につき、慎重審議が行われた。

2017年6月28日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 5:04 PM

一般質問 6/21・22・23 

6/22第1番で登壇し、空き家対策・中心市街地北側斜面活用並びに日和山公園再整備・立地適正化計画・公共交通再編等都市整備行政について質した。

答弁の中で●北側斜面地に関し、H27再生モデルプランに触れ、今後更に進捗を図ると共に日和山公園再整備にも特段の意を配す。●立地適正化計画⇒本年夏以降地域(まちづくり協議会)との協議を開始し29年度中の策定を目指す。●総合交通戦略(公共交通再編)⇒今後7/4に第4回下関市公共交通整備検討委員会を開催、その後 8~12月に5~7回の委員会をもち来年8月にはパブリックコメントをとれるよう詰めていく。●まちづくり協議会⇒《幅広い世代参加を促す仕組み》《協議会に法人格を持たせる》等に意を配して行く事等答弁を得る。

 

建設委員会 6/15・19

15日◎消防局、◎建設部、◎上下水道局の三部局について審査。

議案第80 平成29年度下関市一般会計補正予算(第一回)について消防局・建設部所管分について協議。

《消防局》東消防署勝山出張所・消防訓練センター改修(エレベータ・空調)工事 4,500万円、

《建設部》●下関駅周辺地区市営住宅等団地再生可能性調査 800万円、●橋梁長寿命化事業 5400万円、●公営住宅等ストック総合改善事業 1561万円、●交通安全施設(吉見新町22号線)1050万円、●街路整備(竹崎~園田線)4500万円 以上審査済⇒都市整備部所管予算(19)審議後採決:了承。議案99号、議案100高規格救急自動車1台並びに消防ポンプ自動車2台 了承。建設部より、組織改編により現在  都市整備部 まちなみ住環境整備課が担っている《空き家》にかかる事案を 7/1より建設部 建築住宅課が担う 旨の報告あり。

《上下水道局》からは長期財政計画《中長期的収支と料金体系見直しの時期等》について当局の見解を伺った。後、工事契約締結8件、請負契約の一部変更22件について報告を受けた。16日◎港湾局、◎都市整備部の二部局について審査。

《港湾局》議案第81 平成29年度補正予算(第二回) ●長州出島旅客等受入施設設置 819万円、●航行安全(長州出島への大型クルーズ船寄港)検討調査業務 900万円、議案第92 港湾施設等設置等条例一部改正条例(ガントリークレーン設置並びにその使用料を定める。)議案第101 新港地区化案連用地整備工事請負契約締結 の2議案それぞれ可決。《

都市整備部》議案第80 平成29年度下関市一般会計補正予算(第一回)⇒●バス活性化システム整備等補助金 340万円、●大規模団地(白雲台)PFI導入可能性調査 2000万円、土地開発公社保有地買い戻し(公社廃止) 233218万円、議案第90 迷惑ビラ根絶条例の一部改正条例、議案第91 空き家対策条例一部改正条例⇒住宅セイフティネット対応の為審議会委員に 宅地建物取引士・土地家屋調査士を加える:それぞれ可決。今議会中、①上下水道局⇒下水道ストックマネジメント、②都市整備部⇒将来交通計画、③市営住宅のあり方の三点について研究会をもった。

Filed under: 未分類 — hayashi @ 5:01 PM

各派代表質問 6/12~13

『本庁舎整備』⇒(違約金発生が懸念される中、既存解体新庁舎整備を主張する意図は?)答弁熊本震災事例に加え、菊川断層帯地震発生の確率はけして低くなく、万全の体制を取りたい。整備概要は500016億円+解体費他4億円の20億円で整備可能。出先機関(上田中・田中・カラトピア・商工会館・フェーリーターミナルビル)の内、カラトピア以外は整備後新庁舎に収容する方針。参考契約条項の中身についてもやりとりがあった。発注者・受注者それぞれの契約解除条項で、発注者からは①受注者において定められた日時に工事着手がなされない時や②現場代理人・主任技術者等の配置、③受注者の代表者・役員の暴力団排除条項等、④私的独占禁止及び公正取引確保に関する法律 49条の排除措置命令を受け抗告訴訟を提起しなかった時などを挙げており、特に暴力団にかかる条項や私的独占禁止条項等に抵触するとみなされた時には受注者の賠償金の支払い義務を定めている。一方受注者については①設計図書変更等で請負金額が1/2以上減少した時、②対象工事・設計業務中止期間が6ケ月を越えた時、③発注者の契約違反等で、契約解除に伴う措置では、出来高部分・部分払い対象の工事材料について検査後引渡しを受け相当する請負代金を支払うこととなっており、発注者の賠償金・違約金の定めは無い。

『あるかぽ~と開発』市長は『駅から長府地区にかけて親水道路~海辺の散策路を整備し、モールを配置して毎日、昼も夜も賑わいを創出したい。』と発信している。一環に船溜り埋立もある。広さは二箇所で11.5ha、予算は約100億円が見込まれ起債事業 港湾局長は『H30年以降港湾計画変更し、H40年以降埋立』と答弁。『港湾計画の変更は、時間もかかり更に起債事業ではあるかぽ~と事業は更に遅延する。現状でよい案を上げるべきでは?』との問に 市長は、『港湾計画の変更・財源確保には長い時間がかかるものの 旧水上警察前の船溜まり4haの先行埋立を念頭に、二十四時間賑わいの絶えないウォーターフロントづくりを考えたい。』 答弁

『海響館新理事長人事』⇒今回リニューアル工事に向けPFIの実現可能性調査が組まれている≪海響館≫理事長人事に関し、市長が自らの後援会長就任を働きかけたのでは?との質問に対し、市長は、『自身に就任の意思がなかった為、後援会長を推薦したが理事会(513日開催)はそれを了としなかったと伺っている。その後、更に働きかけた事実は無い。』と答弁。

 

『図書館業務』⇒「図書館基本計画」はH29.12公表を目指す。9月議会に素案報告予定。

「移動図書館:内日公民館ステーション」は、昨年利用者83人、貸し出し212冊で減少傾向が伺えたことと、非常勤職員の勤務時間変更とに鑑みルート変更で一時停止としていたが、団体貸し出しとして今後も利用可とした旨教育長答弁有り。    

2017年6月10日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 11:34 AM

志誠会 H29年度6月補正予算説明会 6/2

新市長施政方針と共に補正予算について財政部聞き取りを行った。補正予算概要は、一般会計で3億9千8百万円の内、政策的新規事業『地域おこし協力隊事業』他18事業で1億1千850万余。

PFI導入可能性調査が①火の山展望台、②海響館リニューアル、③大規模団地(白雲台他)再生 の三事業に組まれている。

又◆路線バス活性化システム≪バスロケーションシステム:バスの位置情報をバス停・携帯などに配信≫整備補助金340万円、◆駅週辺地区市営住宅など団地再生可能性調査 800万円など。施設整備事業 2億8千421万円。◆竹崎~園田線(中通り)街路整備事業 4600万円。◆公営住宅等ストック総合改善事業(外壁・防水改修;1億561万円)他橋梁・交通安全施設整備事業組まれています。特別会計は24億3246万円⇒土地開発公社解散関係経費

 

下関保護区保護司会総会5/29 & 中東支部総会 6/1

5/29社会福祉センターにおいて、平成29年度総会が開催され参列。6/1の支部総会には本年4月に赴任された上席監察官の臨席を頂く中開催。今後H31~32年で4名の先生方が退任される事に鑑み、本年2名推薦を目標に進めていくことなどを申し合わせました。

宅建協会 全政連 幹事会 5/31

東京新橋第一ホテルにおいて幹事長(山口県)として参加。農地法運用に関して例年要望を挙げているが、農地付住宅を購入するとき所有権移転にかかる3条申請の条件として既に50アールを10アールに緩和されているが、県によっては1アール以上で認めている事例が報告され、今後更に多くの地域で緩和実践されるよう要望した旨の報告有。他に財政改善の為H32年以降還元率を30%から25%にする旨可決。

名陵校区育成協議会 理事会 5/30

6/7総会に向けて、28年度事業報告・収支決算、29年度事業計画・収支予算を始め、29年度の進め方について意見交換。結果、総会への提案としては例年通り(11/3ゴミ0、3/11もちつき≪交流活動≫)    

 

山口県防災大会 5/28

dav

dav

dav

dav

 

衛艦『おおすみ』が停泊するアルカポート芝生広場を利用して防災大会(長府会場と共に)が開催され、中東地区まちづくり協議会の皆様130余名とご一緒に参加させて頂きました。プログラムは飛来した陸上自衛隊所属のヘリコプターが着艦でスタート、消防による海難救助や自衛隊艦船で搬送された罹災者を災害本部護送医療班へ引き継ぐ訓練など拝見させていただきました。

次ページへ »

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.