2019年7月16日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 8:34 AM

丸亀町商店街(高松市)& 大街道(松山市)視察 7/97/11

松市1588年高松城築城時、丸亀城下(丸亀市)より商人を移住させたことから『丸亀町商店街』と命名、大手門から南北にまっすぐ伸びる道筋にある。

 

DSC_1715

DSC_1715

商店街の将来への危機感から、民間主導で100年構想を描き、延長470mA~Gの七街区に分け、現在4街区で再開発を実現している。G街区(写真左)からA街区を目指す。

DSC_1717

DSC_1717

兵庫町・片原町商店街との交点にイタリアミラノを感じさせるドームがある。2006A街区竣工の後全国から視察が殺到。『地権者の出資で創ったまちづくり会社が、全ての商店の地権者と定期借地契約を結び その使用権を取得。同社が建物整備、テナント家賃収入から銀行への返済、管理費用を差し引いた金額を地代として地権者に支払う。(オーナー変動地代家賃制:地代を劣後)』『バブル期の借金肩代わり、相続税対策』も考慮された仕組みで所有権と使用権分離が成立した         

 

松山市 株式会社 まちづくり松山 代表取締役 加戸慎太郎氏(社長)、日野二郎(会長)に伺った。「まちづくり」とは何か? を問うところから始まった。キーワードは『想い出』!『この街の想い出は?』目指すべきは、『人と想いをつなぐまち』。まちづくり会社は、≪「国や地方行政から社会的意義を認知され、且つ、民間から適正な割合の資本を得て、民主導のまちづくりを具現化、市民を喚起させ、その舞台のプロデューサーとなる。」

DSC_1736

DSC_1736

◆メインストリートに銀天街・大街道二つの商店街が有、25台の街頭ビジョン(道路空間活用まちづくりモデル構築事業)、設置費1億8千万円の内半分を補助金。挙げる利益2千万円等が運営財源だ。

2019年7月14日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 4:44 PM

名陵校区青少年育成協議会 地区懇開催 7/13 

DSC_1739

DSC_1739

DSC_1746

DSC_1746

午前9時半より勤労福祉会館4Fホールにて名陵中、王江・名池小 教諭、保護者、地域の皆様が80余名参加し、六つのグループに分かれて熟議を行った。事前に両小学校の三年生が作成した『校区安全マップ』の説明がなされた後、『子供たちにとって安心・安全なまちづくりの為、学校・家庭。地域ができること』を命題として熟議。

DSC_1745

DSC_1745

◆出来ることとして、①登下校時見守り、②横断歩道等白線復元明示等環境整備要望、③集団登下校等意見が上がった。

 

先進地視察 立地適正化計画と商店街振興・まちづくり in 高松・松山市 7/9~11

 

高松市の人口は平成27年まで増加し、その後減少傾向である。総人口は2010年で41.9万人(高齢化率:23.2)2050年には 37.7万人(高齢化率:36.4)と見込んでいる。

低密度で人口減少が進むと、①空地・空き家の増大、②公共交通利用者減でサービス低下、③商店街等利用者減で店舗撤退・縮小で活気を失う、④税収減で市財政悪化⇒(1)一定の人口が纏まって生活することで生活利便施設や公共交通維持。(2)居住・都市機能誘導で賑わい創出。(3)公共交通ネットワーク再構築で自動車利用抑制 を目指して 都市計画マスタープランに多核連携型コンパクト・エコシティをうたい、立地適正化計画策定へ。

◆高松市では市域の拡散を抑制する為都市計画区域を設定し、用途地域線引きを行うものの、市街化調整区域指定は廃止している。併せて、居住誘導区域外の用途白地地域での適正な住居系開発行為誘導の為、①区域外道路幅員要件4.0m⇒5.0mへ、②一体的開発として扱う期間要件 1年⇒ 5年へ 

DSC_1750

DSC_1750

 

松山市の人口は、2015年に51.5万人でピークとなり、今後2040年には人口45.8万人 高齢者比率が37%と予測している。今後『市民誰もが徒歩や公共交通主体で暮らせる、持続可能な都市づくり』を目指し、『未来に繋げる、都市再構築』を標榜し、立地適正化計画が立案された。

誘導地域 ■人口減少・超高齢者にあっても日常生活利便性維持。◆都市機能誘導区域外への立地で過度な自動車利用や、周辺居住・市街化を抑制する施設。◆地域公共交通網形成計画では、「松山市立地適正化計画」との連携を図りつつ、整備方針を占めしています。

市域拡散については、松山市には本来市街化調整区域内での宅地開発に道を開く条例が無い。従来より都市計画法の中で抑制効果は発揮されてきたとの答弁

他に両市の商店街・まちづくり会社等見聞していますが次回報告致します

2019年7月8日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:21 AM

名陵同窓会 第39回総会 7/6

DSC_1707

DSC_1707

令和第一回目の総会となりました。昨年は西日本豪雨災害で、最寄り空港からのアクセスに支障が生じ、已む無く欠席される方もおられました。本年は当番幹事の皆様により琴と尺八演奏でスタート。名陵は校区内小学校(王江・名池)と共に、小中一貫校移行を目指して調整が進んでいます。

 

下関市防犯対策協議会 並びに 下関西ライオンズクラブ 2019~年度初例会参席 7/5

DSC_1697

DSC_1697

 市民会館に中ホールにおいて防対協総会が開催されました。30年度活動・収支、役員改選、令和元年度計画・予算(案)を審議可決。功労者表彰等が行われました。

DSC_1699

DSC_1699

夕刻シーモールパレスにて西クラブ例会、四名の新会員をお迎えしました。

DSC_1702

DSC_1702

 

参議院議員選挙 公示 出陣式参列 7/4

DSC_1696

DSC_1696

午前九時、山口維新公園にて出陣式が執り行われ参列しました。山口選挙区林芳正候補は前回45万票を獲得、選挙区全投票数に占める割合が全国一となりました。今回選対はそれを上回る46万票獲得を目指しています。候補は所信表明の中で令和の時代に相応しい選挙を展開、新しい時代を生き抜く政策を訴えて参ると抱負を述べられました。

 

日新丸捕鯨船団壮行会 6/30 & 出航式 7/1 

190701挨拶

31年振りとなった商業捕鯨再開、調査捕鯨最後の日となった6/30下関GHにおいて関係者多数参列の下壮行会が開催されました。吉川農水大臣を始め衆参両院議員、山口県知事外多くの来賓をお迎え致しました。翌71日の出航式では『クジラ文化守る下関市議会議員連盟会長として、ご挨拶のき機会を頂きました。

 

中東地区まちづくり協議会 運営委員会 7/1 5

DSC_1678

DSC_1678

総会後、6~7月運営委員会で令和元年度の事業スケジュール並びに協議会自主財源の求め方(担当税理士諮問中)等協議を進めています。今回は25名の運営委員が参加し、闊達な議論が行われました。自治連合会長・団体代表の一部交代に伴い若手代議員も加わり新風となっています。

8月委員会は本年4月海峡メッセ活性化を目指して、西部地区まち協と共に頂いたチャンスを活かし海峡メッセで開催することと致しました。

2019年7月2日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:28 AM

宅建公取協6/21鳥取、第54回全宅連・第47回全国保証・第49回全政連総会6/27~28

 

DSC_1654

DSC_1654

(一社)宅地建物取引業協会役員(全宅連:代議員)として、各総会に出席しました。おとり広告撲滅に関し、更に取締効果を挙げる旨申合せました。東京ニューオオタニでの全宅連外の総会では、組織改革のスピード感を求める要望が相次ぎました。特に新規参入企業加入に関し、物件サイト(特に売買)・研修の充実等会員サービスは充実しているものの入会金の高低で他団体へ移行するケースを挙げ入会金引き下げを求める意見。会費について使用使途の明確化と見直し、特に政治連盟について(宅建協会は自民党職域職能支部を構成している。)、都市部において会費徴収が十分でなく本部が求める現会員数80%分の会費納入も厳しく、会費立替は適法と云えず苦慮している旨の意見が出、白熱した討論となりました。                                          

                                                              

52回中国地区 氏青・神青 合同研修会 6/2223 鳥取:三朝温泉 

DSC_1641

DSC_1641

■学問は肝要なれども、一方で『学問は知識を生じ、知識は才気を生じ、才気は慢心を生じて、道に背いていくこともある』、道を修行するとは それらを打ち棄てて相応するもの。                 

■『神棚もあれば仏壇もある。儒教も繙く。』千年以上培われた日本意識では、『中心に三教いずれを置いても良いが、他の二つを融會させて行けば良い。』それが、我ら日本人の実際生活ではなかろうか。■明治以降、廃仏毀釈等の運動が起こり、「神仏習合」は廃れたが、余習は未だ存す。

DSC_1642

DSC_1642

翌日、慶雲三年(706)開山、三徳山(ミトクサン)三佛寺 国宝 投入堂(ナゲイレドウ)見学。

 

交通安全協会総会 並びに まちづくり協議会 総務部会 6/24

 

DSC_1644

DSC_1644

分会長として交通安全協 会総会参列。所長挨拶のあと議案審議。大きな課題なく終了。

DSC_1646

DSC_1646

夕刻 新広報戦略等の協議を行うため部会開催。従来のホームページの再編に加えて、FBでも行事予定を告知する方向で進めている。部員間もグループラインで意思疎通を図る段取りを進めました。

 

議員在職20年表彰 6/18

 

 

190618在籍20

議会最終日、審査に先立ち全国議長会表彰の伝達を受けました。6月定例会では密集市街地整備・北側斜面地調査業務、並びに『下関市の8050問題』と題して質問させて頂きました。7月に入ると密集市街地、北側斜面地にかかる事業について住民説明会が始まります。

愈々、街中が動き始めます。経験を活かし、しっかり負託に応えて参ります。

2019年6月15日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:46 AM

令和元年度 名陵中校区三校PTA及び青少年育成協議会 連絡協議会 6/14

名陵校区内三校校長・教頭先生を始め、各校生徒指導担当教諭、各校PTA役員等関係者多数参集し、令和元年度の各校・育生協事業について報告を受けより良き運営に対する意見等を集約しました。713日土曜日午前中『勤労福祉会館4Fホール』での地区懇に関し、熟議タイトルを『安全マップを活用した安心安全な地域づくり』とし、各校よりコーディネーターを人選し催行する旨決定しました。三校生徒指導教諭より各校の現状を伺いましたが、それぞれ新一年生を含め落ち着いており、名陵において不登校が若干増大の状況が有るものの特段の問題なしとの報告を頂きました。

 

 

In Child 研修会 6/14 

琉球大学教育学部特別支援教育専修所属の 韓 昌完氏、小原愛子氏を迎えて、『インクルーシブ教育に関するIN-Childプロジェクト』についてお話を伺った。『IN-Childとは、これまで通常学級の中で「気になる子」と呼ばれたり、発達障害が疑われたりした児童を指す。しかし、それは児童生徒に対する人の主観的判断であり科学的根拠がなかった。本プロジェクトにより「Inclusive Needs Child:包括的支援を必要とする子供」を提唱している。『人類の歴史は20万年未だ進化の途中。環境の変化が驚異的なスピードで進む中、子供達は大きく進化中で彼らを正確に理解することは難しい。』等興味深いメッセージを頂いた。

 

            

下関市議会 6月定例会 一般質問 6/1114

今回27名の議員が質問通告を行っており、4日間で22名が登壇。

『公共施設マネジメント』『公共交通再編実施計画』策定中の『立地適正化計画』等を念頭に、移転・更新計画が検討されている 川中支所移転検討業務、安岡地区複合施設整備等検討業務等地域の公民館・体育館等に更新・統合・解体事案について複数の議員より質問が行われた。『公共施設マネジメント』により公共サービスを提供する施設面積の人口比において下関市は類団他都市と比して飛び抜けて施設(主たるものは市営住宅と学校)が多く、今後20年で30%の施設削減を目指しています。

市内支所・公民館の内、川中・安岡は①施設老朽化で更新時期を迎えている。②地域住民《施設利用者》の集積規模(特に川中は市内最大)が大きいことで検討が進められています

◆住民の立場に立てば、身近で気軽に歩いて行ける場所に施設があるのが良い。施設移転コンセンサス(住民同意)を如何に丁寧にとるかが課題となります。

集約化か分散化か? 図書館に付き蔵書規模を念頭に集約化(中域 地域館)を提唱する意見と、

利用者の利便性を念頭に分散化⇒移動図書館・小規模な館を複数造り書籍等を共有する意見です、 

地域の議論が活発化されることを期待します。

DSC_1336

DSC_1336

13日アルカポートに2023年を開業を目指す星野リゾート代表者が下関市を訪問、記者会見が行われました。一方 バンケットルームを有する都市型ホテルを望む声もあり、それらを念頭に置いた質問もありました。

 

2019年6月14日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:35 PM

名陵校区青少年育成協議会総会(57) 6/7 & 理事会 5/31

記の会をそれぞれ名陵中学校図書室において開催。理事会において総会提出議案を精査頂いた後、総会において①平成30年度活動報告、②収支決算報告・監査報告、令和元年度の③役員を確認した後に、④令和元年度事業計画、⑤収支予算につきましてご了承頂きました。◆本年度はゴミ0運動に関し、初回開催から実施日を113日としておりましたが、本年は当日海峡マラソンが開催されるとのことで実施日を前日の112(土)ゴミ0実施を決定しました。

◆地区懇談会について⇒713(土)勤労福祉会館において9;30より11:30迄の予定で開催を決定致しました。熟議内容について昨年は名陵校区小中一貫校への移行を念頭に行いましたが、本年は通学路の安全確保を含め校区内の安全確保と課題対策等をベースに考えていくことを申し合わせました。

 

              

自民党県連大会 6/2

 

DSC_1620

DSC_1620

山口市において、『自由民主党山口県支部連合会 第76回定期大会』並びに『参議院議員選挙必勝総決起大会』が開催され参列しました。大会宣言の中で「・・希望溢れる国民生活と持続的な経済成長を目指し、・・誰もがその能力を最大限に発揮できる一億総活躍社会実現を目指す」と訴えると共に、7月の参議院議員選挙出馬予定者の林芳正、北村経夫両参議は、「令和の時代は、我々の生き方、働き方が大きく変貌を遂げる。新時代に明治維新発祥の地である山口県が先頭に立ち、日本の将来の為何をしなくてはならないか、しっかり議論し実行して参ります。」等述べられた。       

               

社会を明るくする運動 5/30

DSC_0529

DSC_0529

DSC_0532

DSC_0532

69回目を迎える標記運動開始日(7/1)を目前に控え関係者会議が開催され参列。社会を明るくする運動⇒すべての国民が,犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動です。そのはじまりは、昭和247月1日,更生保護制度の新しいスタートである「犯罪者予防更生法」が施行され、戦後荒廃 の中、街にあふれた子供たちの将来を危惧した東京・銀座の商店街有志が,この法律の思想に共鳴し,同年7月13日から1週間にわたって,自発的に「犯罪者予防更生法実施記念フェアー(銀座フェアー)」を開催したことに端を発します。只、昨今は運動の存在、名称も知らない世代が増大しつつあることも事実です。私共中東支部は例年、地元名陵中学校の生徒にもご参加頂いて、登校前に唐戸バス停周辺で啓発ティッシュ配布を行い、その後シーモール前でのセレモニーに参加しています。

 

2019年6月13日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 4:41 PM

下関保護区保護司会 総会 5/28 & 社会を明るくする運動 推進会議 5/30 

DSC_1612

DSC_1612

今年は、役員改選年 退任される 山縣信義会長のご挨拶で総会はスタートしました。現在下関保護区には150名の保護司の皆さんが奉仕されていますが、104(別に委任状31)が会場出席し、厳かに総会に臨みました。◆永年勤続表彰 7名、退任者 7名、新任者7名とのことでした。◆下関保護区内での事犯は減少傾向ですが再犯事例(再犯率50%)は課題が多く、総会後『再犯防止推進:』と銘うって研修会がおこなわれました。

DSC_1613

DSC_1613

■『社会を明るくする運動』については終戦後 間も無く始まり長らく実績を積み上げて参りました。近年は各支部近隣の中学校生徒とコラボして啓発用グッズ配布等行っていますが、20~30代を中心に運動そのものを知らない世代が多くなりつつあります。本年も71日から1ケ月間運動を展開予定。

 

 

(一社)山口県宅地建物取引業協会 総会 5/27

 

県内選出国会議員事務所、山口県副知事、山口県議会宅建県議団等の皆様を来賓として、総会を開会滞りなく催行致しました。

 

王江・名池小学校運動会 開催 5/25

DSC_1600

DSC_1600

 

全国各地で猛暑が報告される中、好天の下、両校春季運動会が催行された。今回は両校とも午前午後二回の給水タイムが取り上げられました。生徒たちは伸び伸びと練習の成果を発揮し、特に1年生は入学後間もない時期に開催される運動会でしたがしっかり行動がとれていました。競技には両校とも1・2、3・4、5・6の二学年毎に参加する形態でした。心身共に逞しく育って欲しいものです。

 

会派視察 5/22~24 八戸市 

DSC_1589

DSC_1589

DSC_1591

DSC_1591

オガールで頂いたメッセージを彷彿とさせる八戸の取り組み。プロジェクト『まちぐみ』、キーマンである山本耕一郎さんを組長に今や400名を越える中学生から70歳代の皆さんが登録。『市民の受け皿になり、一緒に活動する中、街に対しさらに愛着や親近感を持つキッカケになる。この街を誇りに思い、自信をもつ市民が増え、「なんか楽しそうだよね、八戸」そんな風に思える街づくり』を目標としています。お揃いのTシャツ(1000)買って組員に、一緒に隠れた史蹟等を発掘したり、草刈りをしたり頑張ってますね。まちなか文化拠点『八戸 はっち』(写真右)が地域創造大賞を受賞しています。道路を挟んで対面にも交流館・書店などが並んでいました。

Filed under: 未分類 — hayashi @ 4:29 PM

一般社団法人 山口県建築士会 令和元年度 定時総会 5/25

DSC_1593

DSC_1593

岩国市において標 総会が催行され会員として参列しました。再任された松田会長は、①平成17年のアネハ問題以降、建築士受験者が減少し医師の高齢化に拍車をかけています。20代を中心に若手建築士獲得に努力する。②豪雨災害をはじめ多発する災害対策が充分配慮された建物の建設に寄与する。③ダイワハウス・レオパレス等信頼を逸する事例が散見される中、法令順守を含め建築士として負託に応えていく。の三点について抱負を表明されました。

 

中東地区まちづくり協議会 第四回定期総会 5/24

生涯学習プラザ多目的ホールにおいて総会開催。平成27年10月創立総会以降の活動と29~30年に実施したワークショップ・先進地視察(呉市・長崎市・佐賀市)等に加え、運営委員会を重ねた成果

として『ひp第一次 中東地域まちづくり計画』を上梓し、承認を頂きました。

今後、毎年ローリングを重ねながら計画の充実と共により多くの地域の皆様の参画が頂け

る場づくりを目指して参ります。

 

下関市 市議会総務委員会 先進地視察 5/22~24 

DSC_1567

DSC_1567

DSC_1569

DSC_1569

DSC_1570

DSC_1570

岩手県紫波町、青森県八戸市を訪問しました。紫波町では『オガールプロジェクト』を検分。実は、2017年5月に一度訪問しています。当時、『リノベーションによる町興し』が全国的に注目され、仙台市と共に訪問させて頂きました。紫波町への最初の訪問は衝撃的で、今回改めての訪問ではその後の展開などに関心をもって伺いました。オガールプロジェクトとは、『公民連携によるまちづくり』は平成19年から、藤原町長とPPPを担うキーマンの存在である。PPPとはPublic Private Partnershipであり、『公共サービス提供や地域経済再生等、なんらかの政策目的を持つ事業実施に当たり、官民の間で、目的決定、施設建設・所有、事業運営、資金調達等役割を分担して行う事』といわれます。                    

平成21年2月『紫波町公民連携基本計画』が策定され3月議決。理念都市と農村の暮らしを「愉しみ」環境・景観に配慮したまちづくりを表現する場づくり、目的 町有地を活用し、最小限の財政負担、公共施設整備と民間施設等立地による経済開発の複合開発を目指す。とし、①『町民の財産である町有地を安売りしない。②まちづくりには手順が

あり、間違ってはならない。③まちづくりは「人」でなく「不動産」付加価値をつければ

価値そのものを増大させられる。手順とは、■面白い人招請⇒■人が増え付帯サービス産業発生⇒■エリアに活気⇒■高い不動産でも買ってくれる人が集まって来る。 とのこと。

 

2019年5月19日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 5:53 PM

名陵中学校 青少年育成協議会 役員会 5/17 

 

令和元年度運営に関し、名陵・王江・名池三校・地域選出役員で地区懇談会、今年はマラソンと日程が一致した『ゴミゼロ』等実施要領案等協議。今後29日第一回理事会~6月7日総会を経て今年度活動に入ります。

 

下関市議会 臨時会開会・総務委員会 5/16 

港湾並びに臨海土地にかかる二会計での繰り上げ充用(建設消防委員会)・専決処分承認等を審査する臨時議会が開催。16~17日の委員会審査の後、5/20議決~閉会。

 

 

中部地区社協 会長並びに民生委員・福祉員代表者会議 5/15  

令和元年度の活動方針を決定するため標記会議を開催。①福祉弁当は令和3年迄継続。②おせち料理は、料理+おもちセットで本年は実施する。③三世代バスハイク・巌流島野外活動実施する。

 

会派視察 宇都宮市 5/8~10

集落の無秩序な拡大、市域の拡散を抑制するため、一定の集落性のある地域において、市街化区域からの移住者など 何方でも住宅を建てることの出来た基準(都市計画法第34条第11号)を2020年3月末廃止決定された旨拝聴し、『ネットワーク型コンパクトシティ』を目指す本市にとって先進地となる「餃子の街」宇都宮市を訪問。

DSC_1536

DSC_1536

DSC_1538

DSC_1538

宇都宮では昨年度より人口が減少へと切り替わったが、その10年前の平成20年、『第五次宇都宮市総合計画』策定時に将来の都市空間の姿として、全国に先駆け『ネットワーク型コンパクトシティ』を位置づけ、平成22年には『第二次宇都宮市都市計画マスタープラン』に 拠点配置や市街地の密度 等基本的考え方を提示、平成27年に 2050年を見通した 将来の都市構造イメージと実現の為の推進方策 『ネットワーク型コンパクトシティ形成ビジョン』を策定し、それらを踏まえて『立地適正化計画』を掲げると共に『市街化調整区域の整備・保全の方針』を定めています。◆ 本市は、本年 都市計画マスタープラン策定の予算を組み、本年度策定予定の 立地適正化計画等との整合性を取りながらプランを策定するとしていますが、≪将来ビジョンの議論、市民との共有≫等抜け落ちている点が多々伺えます。◆都市機能誘導区域・居住誘導区域の範囲 について(特に市街化調整区域の方針)等 市民コンセンサスを得ておられると拝聴しました。

ビジョン提示コンセンサスづくり等興味深いお話を頂きました。

Filed under: 未分類 — hayashi @ 5:43 PM

参議院議員 林よしまさ後援会 山口事務所 開所式 5/11

7月施行の参議院議員選挙を控え、後援会山口事務所が開設され、開所式に参列しました。

県選出国会議員、自民党県議団の皆様をはじめ多くの関係者の皆様が参列されました。今回五期目への挑戦に当たり、改めて決意を表明され閉会となりました。

 

下関水泳連盟 総会 5/10

昨年の事業報告・決算を承認いただくと共に、令和改元後初となる連盟主催三大水泳大会について打ち合わせました。①『海の日水泳大会』7/15、②『学童水泳記録会』8/4、③『市民水泳選手権大会』8/18 の開催予定日が決定されました。

尚、本年は、市より予算を確保して頂きコースロープ更新が実現の見込みです。

 

DSC_1553

DSC_1553

DSC_1554

DSC_1554

併せて、この度 公益財団法人 日本水泳連盟より 下関水泳連盟の永きに渡る貢献に対しとして『優秀団体』表彰の栄に浴しました。

 

会派視察 5/810

先進地視察として、秩父市・宇都宮市を訪問しました。

 

DSC_1535

DSC_1535

秩父市では、『商店街が主体となったナイトバザールや交流拠点整備などによる賑わい再生~空き店舗ゼロ実現』について、前みやのかわ商店街前理事長 島田憲一氏にお話を伺った。話題の商店街『みゃのかわ商店街』は、秩父鉄道 秩父駅前に位置し、概ね120店舗で構成されている。

◆昭和61年県より青年商業者研究グループ指定を受け≪宮側(みやのかわ)町青年部近代化研究会≫を発足。◆将来構想(ビジョン)づくり:≪ナイトバザール≫と名付け、毎月1回(失敗しても6回は続ける)開催を決め、昭和621017()第一回を開催。◆(1)スタンプラリー(各店舗を見てもらう為に、店舗内で押印)参加者へ無料で福引券、(2) 710円以上購入者に500円の割引券』とのチラシ 34,000枚配布。◆『歩道からは人が溢れ、福引に長蛇の列。成功事例(体験)が生まれた。

◆第二回目は11月。≪夜馬車+ジャンケン+福引≫ 夜馬車に乗りたい人の列が23時を回っても途切れず~物が売れ始めた。 ◆メディア報道で全国的に注目されることになる。

◆その後30年、現在は5810月の年3回開催。(1)同じこと (例え大うけであっても)を二度繰り返さなかった。≫が高じて今日まで継続し、(2)それぞれ事業継承者に引き継がれ(3) 空き店舗は生まれず、大型(全国チェーン等)店の出店の余地無く 推移している旨拝聴。◆福祉事業に展開し、『出張出前商店街 楽々屋』、お助け隊(サービス提供登録100名、需要登録30余名、利用料をコイン型商品券(和同開珎)で支払う仕組みを創設

« 前ページへ次ページへ »

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.