2021年11月6日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:38 AM

名陵校区青少年育成協議会主催 ゴミ0運動 11/3

DSC_4067

DSC_4067

例年秋晴れに恵まれるこの日ですが、本年は一時小雨の曇り空となりました。それでも校区内十カ所の出発点に、児童生徒、保護者、先生方、地域の皆様総勢二百二十余名が集合。生徒責任者が点呼・注意事項徹底、ゼッケン・ゴミ袋を配布にリーダシップを発揮し、

211103ゴミ02

地域責任者と担当教諭が補佐・見守りを行い、予め定めたコースを基に周囲の路地も含め、名陵中学校を目指して、分別しながらゴミ拾いを行いました。

DSC_4069

DSC_4069

途中、下級生にも気を配り地域の皆様とのコミュニケーションも取れ有意義な一時でした。

IMG_0001_BURST0020021

IMG_0001_BURST0020021

閉会式開始間際に雨模様となり、急遽体育館に移動して開催の運びとなりました。来年四月の名陵学園移行前の最後のゴミ0運動滞りなく催行出来ました。

皆さんご協力ありがとうございました。

第49回 衆議院議員選挙 投開票 10/31

山口選挙区選出参議院議員補欠選挙中の10月19日公示された衆議院議員選挙、山口県第四選挙区(下関市・長門市)において、

安倍晋三元首相が十回目の当選を果たされました。おめでとうございます。

DSC_4062

DSC_4062

12年ぶりに出陣式、29日夕方~30日街宣活動をこなされ、シーモール前にはジャーナリストの櫻井よしこ氏が弁士で応援にみえられました。多くの市民に触れ合われ新たなエネルギーを得られたことと思います。今後一層のご活躍を祈念致します。

 

自由民主党県連政経セミナー 10/31

DSC_4057

DSC_4057

人気TV番組『そこまで言って委員会』にレギュラー出演されている経済評論家 須田慎一郎氏を迎えて政経セミナーが開催されました、

氏は『様々な経済予想が外れるのは統計・指標に頼りすぎているからで、為政者がその折々に如何なる政策を打ち、判断をしているかの視点が十分とはいえない点が考えられる。』『来年の景気を占う上では、①年末の飲食業の盛況ぶり、②エネルギー単価の動向を見極めること』と締めくくられた。

2021年10月30日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:19 PM

第49回 衆議院議員選挙 山口県第四選挙区 安倍晋三候補街宣 10/30 

212030集合

午後五時シーモール下関前に多くの支持者が参集、弁士にジャーナリスト櫻井よしこ氏を迎え開催。

211030桜井

櫻井氏は『山口県が生んだ安倍晋三先生は正に得難い人。政権選択の選挙において立憲民主党が組む共産党党是を考えるとき選択肢は明らかです。安全保障法制も安倍先生あってこそ実現できた。三度目の総理総裁へ弾みをつけるべく応援を願います。』

211030安倍候補B

安倍候補からは、『民主党政権から政権を受け継いだ時、有効求人倍率0.52それを全国津々浦々で1達成。現在失業率2.8%は主要先進国でも尤少ない方であり、厚生年金を支える就労者500万人増加等披露。どなたでも 仕事がある。働くことが出来る.何度でもチャレンジすることが出来る.そんな社会を創り上げたい。』等訴えかけられました。

211030頑張ろう!

第49回衆議院議員選挙 山口県第三選挙区 林 芳正候補 美祢地区個人演説会 10/25

211026ミネ

広島県選出参議院議員 宮澤洋氏が弁士で参列。『岸田総理といとこになるが、政策議論は芳正先生と話し合うのが楽しい』『成長と分配に関する、たとえ話として、「会社は株主のものであり、株価や配当をもって株主に報う」考え方と「会社には社員がおり、命運を共にする下請け・納入業者があり、更にその外側には社会がある」宏池会は、それを念頭に置いた温かみのある施策を目指している。』等分かりやすいお話を頂いた後、

DSC_4014

DSC_4014

本人から『平成7年初出馬の折、日米同盟を強固にしておれば・・の外交戦略、経済分野においても安全保障戦略を考えねばならぬ時代を迎えている』『トヨタ自動車がいつのまにか世界の企業100社中30位を越え、外には日本企業は見当たりません。蓄積してきたスキルに新技術を組み入れ、新産業育成戦略を確固たるものにしなければならない』等所信の一端をお話頂きました。

DSC_4015

DSC_4015

会派 志誠会 令和4年度要望提出 10/26

211026要望

当方からは、キーワードである『街なか再生』を基軸に、①日和山地区幹線道路経路確定~再生開発、②竹崎園田線 細江~南部間街路照明整備に続いて、電線地中埋設など環境整備、③北側斜面地を含め、街なか再生開発に対する補助、助成制度の拡充等に加え、④名陵学園創設で、本市における小中一体型教育校の歴史がスタートしますが、義務教育学校への移行を含め新たな制度への検討等要望しています。

 

2021年10月23日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 11:04 AM

山口県選挙区選出参議院議員補欠選挙&第49回衆議院議員選挙

10月7日の参議院議員補欠選挙に続いて19日衆議院議員選挙が公示され、両選挙期間が重なることとなりました。

12年振りに地元で出陣式に臨まれた安倍晋三候補は、7年8ケ月に及ぶ首相在任期間を含め培われた経験に基づき、内政・外交両面において我が国がおかれている状況、自由民主党が政権を奪還してからの国民生活・経済活動の指数改善、昨年来のコロナ感染拡大に伴い打撃を受けた経済の回復と国民生活如何に支え、将来に展望をもたらすか等々各般に渡り所信を訴えられました。

211021安倍2

21日午前中遊説隊の一員として市内街宣活動に参加致しました。各地で参集され弁士の言葉に耳を傾けて頂きました皆様に感謝申し上げます。

DSC_3994

DSC_3994

前後しましたが、北村候補は18~19日下関市を遊説その後山陽小野田から県内各地遊説、明日投開票日を迎えます。

 

下関市環境行政での議論追想

志誠会広報誌(年内市内ポスティング・折込予定)で、清掃工場の変遷につき掲載します。

可燃ごみの増加・多様化の中で平成12年『ダイオキシン類対策特別措置法』が施行され、焼却処理(燃焼温度が下がるとダイオキシンが発生する)への再検討、固形燃料化し助燃材で利用する案などが浮上、合併前豊浦町にも導入されましたが、結局廃止されました。

211023全景④[旧炉施設解体中]

本市では平成14年180トン炉竣工後今日に至ります。【後日掲載記事参照】

◆別案件として、平成7年市議会に参画した後、9年に「ロンドン条約」が締結され、【し尿浄化槽汚泥海洋投入全廃】方針(平成14年を期限)が決定され、経過措置期間5年で最終期限が平成19年3月となりました。平成16~17年本業務所管委員長を拝命し、彦島終末処理場・豊浦環境浄化組合施設拡充(後四町分のし尿・浄化槽汚泥を陸送し終末処理場にて混入~希釈~放流へと進捗)しました。

省庁縦割り等の弊害で下水道処理施設への混入を拒んでいた経緯(処理施設な多大な負荷を掛けるとして)がありました。この間様々な議論に参画、課題を一つ一つ整理して参りました。

 

街協 防災部会開催 10/22

DSC_4005

DSC_4005

CO2削減COOL CHOICE、気候災害から守る適応策。警戒レベルと非難行動。南海トラフ発生予想図。高潮ハザードマップ。地震その時どこに? マイ・タイムライン作成。防災グッズ等丁寧にお話しいただきました。

 

2021年10月16日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 8:48 PM

令和3年度 第一回 自由民主党下関支部 拡大役員会 10/16

衆議院が解散され、19日第49回衆議院議員選挙が公示されることに鑑み、対応・対策を含め協議の場を持ちました。

211016役員会 (2)

冒頭塩満久雄支部長より党情報告を含め挨拶、その後支部顧問の安倍晋三事務所を代表して、安倍昭恵様よりお話を頂きました。

211016役員会 (1)

協議に入り日程の把握、下関支部所属議員各位の役割分担等確認しました。最後に今期で引退される前衆議院議員古田圭一事務所 長本好政秘書より謝辞をいただき閉会となりました。

 

北九州市議会訪問 10/13

 

会派で北九州市議会 自由民主党市議団(13名)を訪問し、関門連携を基軸に両市そして関門地域の発展に寄与する諸施策について意見交換を行いました。 

211013議長室

①下関北九州道路:令和2年7月豪雨時には関門橋が交通止め(16時間)となり、関門トンネルに交通が集中すると共に大渋滞が発生。小生も新山口からの帰路、高速で渋滞に遭遇、午後6時には帰還できるところ翌朝午前4時到着の経験を致しました。令和3年度より、山口・福岡両県をはじめ関係自治体と協力をし、都市計画・環境アセスを進める為の調査が始まっています。

◆現時点で事業主体・道路規格等未定ですが概算3500億円の工事費と最大10%の地元負担が求められる可能性もあるなど課題は山積しています。 

②関門観光交流:当日下関市アルカポートに進出予定の『星野リゾートホテル』の設計コンセプトがファミリーリゾート『リゾナーレ』なる旨が発表されたことを受け、門司港レトロ地区にも新たなホテル建設の計画が上がっており、関門地区で回遊性の高い、宿泊型(連泊)観光を実現させるべく一層の連携をとることを申し合わせました。当方よりは両市に現存する日本遺産の活用なども念頭に関門地域に多くの皆様を誘う企画の立案を提案しました。

211013北九州

山口県選挙区選出 参議院議員補欠選挙 10/10

IMG_0001_BURST0020015

IMG_0001_BURST0020015

7日告示により山口市維新公園にて出陣式が行われた同選挙、10日北村つねお候補が豊浦町を経由して旧下関エリア遊説に入られ、一時間余り吉母・吉見~安岡~長府地区を遊説し、山陽・小野田市へ向かわれました。

今後、18~19日をかけ市内全域で遊説、政策を発信して参ります。

 

2021年10月9日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 11:29 AM

山口選挙区選出参議院議員補欠選挙出陣式参列 10/7

DSC_3971

DSC_3971

山口市維新公園において、県選出国会議員、県議会議員をはじめ多くの皆様参集の下、出陣式が開催され参列しました。今回、間もなく公示される衆議院議員選挙の前哨戦として静岡県選挙区と共に全国二カ所で補欠選挙が火蓋を切りました。24日の投開票に向け、熱い選挙戦が繰り広げられます。

DSC_3976

DSC_3976

北村つねお候補者は、決意表明の中で、『国民の命、財産と国を守り抜く』『日本の復活を山口折引治にから』のメッセージが力強く発信されました。

DSC_3978

DSC_3978

休会中の個別・会派活動等 

(1)昨日、朝日新聞に『土地の境界確認 地図でOK』『売買時隣地所有者との確認書不要に』『法務省来春開始目指す』との見出しで、◆所有者不明地が増える中、取引時に所有者から土地境界を確認しなくて済むように◆本年4月の法改正で、相続時の登記の義務付け(違反者には過料を科す)、一方望まない相続により土地が放置されることを防ぐため、相続人が土地を手放せる制度新設等報道された。早速関係機関に確認を取ったが、下関地区での対応は未定、

(2)13日北九州市議会との協議を予定。具体化されつつある下北道路着手を念頭に、本市における交通体系を含め都市整備方針への議論が高まる情報が得られればと考えている。

(3)会派要望:当方からは①中心市街地北側斜面地の住環境整備と有効利用、②中心部地籍調査早期実施、③街中再生開発行為への一層の助成措置、④日本遺産を含め、伊崎~みもすそ川 ウォーターヅロントに点在する史跡・文化財の整備(自然堂再整備含)、情報発信、交流機能強化の四点を挙げている、           

(4)市内全戸配布広報誌企画⇒年内に制作を予定しています。小生は環境行政、SDG’sや新たな、未利用エネルギー等もありますが、

140117shokyakuro

今回は奥山焼却炉の今日までの経緯と今後更新整備に向けての方針を報告します。ダイオキシンや地球温暖化抑制の観点からCO2発生に関わる焼却処理に疑問が投げかける場面もありました。150トン炉~220トン炉整備の後、現第一焼却炉(神戸製鋼所)、第二焼却炉(タクマ)がピットを挟んで両横に整備され、第一炉の長寿命化を図り、両炉の耐用年数を同時期にする作業が進められています。一方、旧炉は解体、敷地整備が進められ、将来現施設が更新時期を迎えたときは、一括隣接する整備地に更新整備、その後は交互に繰り返すシステム構築が完了しつつあります

2021年10月3日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:17 AM

令和3年度山口県居住支援協議会 下関エリア第一回意見交換会 10/1

DSC_3961

DSC_3961

今日までの指摘事項◎入居する対象住宅は市営住宅、特に下関市は市営住宅の戸数が多いことも考慮して。入居要件を緩和し、①『保証人を不要とし、緊急連絡先のみを必要とする』こと、②本年2より、全市営住宅単身入居者申請できる(但し。60歳以上)、③子育て世帯へも配慮し、モデルケースで白雲台2戸、西の尾1戸、熊野西 1戸入居が実現している。◎民間の登録住宅⇒補助活用で建物の改修工事も可ですが、10年間は入居者が要配慮者に限られます。因みに下関市は1棟(4戸建てアパート)の2戸が登録されていますが、今日まで入居実績はありません。

DSC_3960

DSC_3960

◆本市を拠点に新たに支援法人が誕生したこともあり、改めて下関地区居住支援協議会立上げに向け努力しようとの機運も感じられました。

 

自由民主党山口県連 政策聴聞会 9/28 

自由民主党職域・職能支部 山口宅建議連支部長(山口県宅建政治連盟 会長)として、活動概況と要望を行いました。

(1)①国家的課題である空き家解消・有効利用、②居住支援協議会(住宅確保要配慮者への入居支援、③県内いくつかのエリアにおいて市営住宅募集・維持管理等で行政と協働していること。

(2)①全国政治連盟を通じ国への要望事項の中でも重点項目の農地法の見直し、②取引時に係る諸税の内、取得税につき経済状況回復までの間減税に特段の配意等を要望しました。

 

下関市議会 九月定例会閉会 9/27

付託された全議案を原案通り可決すべきものして採決し閉会となりました。決算審査特別委員会委員長として、各所管財源資料、事業目的・成果を判定し易い新たな資料を追加提出頂き審査、結果令和2年度一般・特別会計決算は認定すべきものとの委員長報告を行いました。●『星野リゾートホテル設計概要は10月末設計図書完成の方向で作業が進められているようです。

DSC_1336

DSC_1336

DSC_1334

DSC_1334

写真は当初案で左側海辺の棟が低層ですが新計画では、そちらが高層棟になると側聞しています。

●住み慣れた地域で一日も長く元気に暮らせる環境整備の一環として、生ゴミ収集につき『

DSC_2800

DSC_2800

高台収集(週一回)』続いて『ふれあい収集:要介護Ⅱ以上世帯等一定の要件の下』が始まる模様です。

DSC_3925

DSC_3925

 

 2020東京パラリンピックにおいてブラインドマラソン大会新記録で金メダルを獲得された道下美里選手への新設された市民栄誉特別賞授賞式が議場で執り行われました。

DSC_3927

DSC_3927

 

2021年9月26日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 10:14 AM

参議院山口県選挙区選出議員補欠選挙 地域支部選対支部長・連絡者会議 9/25

DSC_3942

DSC_3942

北村つねお候補予定者を迎え、標記会議が開催されました。

自民党山口県連選対本部長代理 塩満久雄県議、北村つねお選対本部長 柳井俊学県議に続き、挨拶に立った北村つねお氏は『自由民主党総裁選にあたり、連日正に各般の諸施策について喧々諤々の議論が続いております。この機会を通して、政治への関心を高めて頂ければと思料すると共に、活性化が図られればと考えています。選挙区からの挑戦となりますが、一層の研鑽を積み、防長政治を継承して地域・国家の発展に寄与していく』等決意を述べられました。

 

第二回 中東懇話会 9/24

DSC_3930

DSC_3930

亀山八幡宮 竹中恒彦宮司を迎え、『亀山八幡宮とふるさとの歴史』と題して講話を頂きました。亀山八幡宮の歴史は、安時代・貞観元年(859)京の都の守護のため宇佐神宮(大分県)から石清水八幡宮(京都府)に勧請される途中、この島の麓に停泊された折、「此の山清浄なり、我もっとも愛す。暫らく祭祀し奉り路を進むべし」とのご神託があり、供の勅使は国主に命じ仮殿を造営させてお祀りし、再び京に向かわれたと伝えられています。

1910亀山能

   約420年前の文禄の役の際、豊臣秀吉が参拝し、能を奉納したことに由来する「亀山能」は、

伝統と格式のある神事能で、下関市の無形文化財に指定されています。2021年は、文化庁のAFF事業の支援により11月6~7日両日、観世流・金剛流能楽師により神事能が奉納される予定です。

 

総務委員会 市出資法人 公営施設管理公社・公立大学法人下関市立大学 審査 9/14

◆公営施設管理公社⇒コロナ感染拡大に伴い、全ての指定管理施設で利用者が大幅に減少、特に利用料金制施設では利用料金減少により大幅な収益悪化となった。《満珠荘:宿泊者

目標7000人⇒4801人、利用料金目標6,325万円⇒4,439万円、サングリーン菊川:宿泊者

目標6800人⇒4321人、利用料金目標1億784万円⇒4,429万円 他に日帰り入浴有》

対策として本社業務で「下関市指定管理者事業継続支援金」「雇用調整助成金」等申請、結果営業利益総額 約2,980万円となっている。◆市大⇒2020年度収支は、経常収益:15億8400万円《授業料減免補助金収入1億1300万円増・運営費交付金5900万円減》、経常費用:人件費2億1600万円減、教育経費1億2100万円増で結果 総利益600万円。

 

2021年9月18日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 7:15 PM

下関市議会 九月定例会 一般質問 9/16~17

二日間で10名の議員が質問に立ちました。

ワクチン接種(9/6より若年層予約受付開始)⇔60~64歳(Ⅰ)76.49%・(Ⅱ)61.4%、50歳代(Ⅰ)70.7%・(Ⅱ)46.41%と続き、20歳代(Ⅰ)40.51%・(Ⅱ)21.27%、12~19歳(Ⅰ)21.28%・(Ⅱ)7.93%と順調に進んでいます。

ブレイクスルー感染(2回接種後2週間を経過した後に感染したケース)は、8/11~9/11感染者565人の内56人。

市内平均高齢化率R3.7⇔35.9%、R2.7⇔35.4%、R1⇔35.0% 全国平均高齢化率R3.3.1⇔28.9%、R2.3.1⇔28.6%、R1.3.1⇔28.3%

210918パース

210918平面体育館

◆『新体育館建設に伴い練習会場を失う向洋町グランド利用者への配慮』本年6月定例会へ議案第125号で当該工事契約議案が上程され可決されました。メインアリーナ約3,200㎡、多目的ホール約1,200㎡を中核に延べ床面積12,000㎡の新体育館が建設されます。

DSC_3915

DSC_3915

現向洋グランドは彦島・乃木浜と共に夜間照明を具備した施設で利用者(野球・サッカー等)が多いが代替え施設の目途が今も経っていません・

下関市令和2年度 一般会計・特別会計決算審査特別委員会 報告(Ⅱ) 9/7~9

◆主要な財政分析指標について⇔財政構造の弾力性を判断する「経常収支比率」は、前年度比0.7ポイント改善し98.4%、「実質赤字比率」と「連結実質赤字比率」は、前年度同様赤字は生じておらず、「実質公債費比率」は前年度と同率であり、「将来負担比率」は前年度比6.4ポイント改善、企業会計の経営の健全化を判断する資金不足比率では、令和2年度に資金不足を生じた会計無し。健全化判断比率等の各指標が類似団体と比較し本市が低位である理由⇔執行部より、財政力指数(0.55:自主財源少ない)に差があることが主な要因との答弁。◆議案第127号「令和2年度下関市一般会計歳入歳出決算の認定⇔◎第2款「総務費」人口定住促進業務、しもまちアプリ導入事業において、更なる高みを目指し、実績を積み上げる旨要望有。◎第3款「民生費」新ショート・トワイライトステイ事業⇔従前事業との相乗効果により、利用実績大幅増は大変喜ばしいと評価。◎第4款「衛生費」妊婦に対するPCR検査の実施や、妊産婦への寄り添い型支援を行う妊産婦総合対策事業⇔感染への不安解消に資するものとして評価、◎第6款「農林水産業費」就農チャレンジ推進事業⇔就農者に積極的に寄り添った支援を要望、ニューフィッシャー確保育成推進事業コロナ禍の影響で深刻なのは、魚価の低迷、水揚げ量の減少であり、市に対し鋭意現状の把握に努めるよう要望有、◎第7款「商工費事業継続給付金≪算出した給付件数が、過大であったが、9割以上の事業者に速やかに給付金を交付することが出来た。≪以降 次回

2021年9月10日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 10:41 PM

下関市令和2年度 一般会計・特別会計決算審査特別委員会 報告(1) 9/7~9

令和2年度下関市一般会計+特別会計決算額は、歳入2,396億5,792万円余、歳出2,379億5,515万円余で歳入歳出差引額は17億276万円余の黒字で、繰り越すべき財源5億2,932万円余を控除し実質収支は11億7,344万円余の黒字となっている。

財政力指数(本数値が高いほど、自主財源の割合が高く財政力が強い団体)が1を越えれば財源に余裕があるとされるが、本市の係数は0.55

財政調整基金は長らく100億円規模であったが令和2年度末59.43億円となっている。

◆一般会計(歳入1,577億9,588万円余)の不納欠損額1億4,072万円余、収入未済額25億1,481万円余(対前年2億2,059万円余増加)も気になる数字である。

◆単年度収支が赤字で毎年繰上充用している

①港湾会計は△3億7,892万円余で対前年2,961万円余収支改善、西山地区岸壁背後地にバイオマス発電所が令和3年度より稼働予定で燃料となる木質ペレット運搬船の入港が予定され収入増加が見込まれている。

②臨海土地造成事業特別会計は△25億5,418万円余で対前年1億3,542万円余収支改善。

 

ヤングケアラー支援条例成立(岡山県 総社市) TV報道 9/10

一昨年来折に触れ本件を一般質問で取り上げて参りました。本日朝、総社市議会において『学習・発達に支障が出ないように支援等を行うことを定める』条例が制定された旨の報道がありました。

DSC_3885

DSC_3885

2日には朝日新聞において『ヤングケアラーの困難を見逃さない』の見出しの下特集が組まれ、

DSC_3882

DSC_3882

その後鳥取県米子市において今月いっぱいSNSによる相談窓口を開設、実績を踏まえ来年度も継続する旨のTV報道有。本市では、現在のところ『地域共生社会』実現に向けた「重層的支援体制整備事業」に取り組む中で課題解決を図りたいとしている。

 

下関市社会福祉センター更新整備にかかるヒアリング 9/6

DSC_3892

DSC_3892

昭和51年に建設され44年が経過する現社会福祉センター(敷地1,506.86㎡、鉄筋コンクリート造4階建、延べ床面積3,381.476㎡)と身体障碍者福祉センター(敷地317.27㎡、鉄筋コンクリート造3階建、延べ床面積634.48㎡ 昭和57年建設)を

DSC_3895

DSC_3895

旧上田中庁舎【それ以前は図書館】跡地へ移転更新の方針で進められている。建設主体は、社会福祉協議会、下関市取得費用の一部を補助する方式で、令和6年度迄の後期計画変更に織り込まれている。

 

2021年9月5日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 10:36 AM

自由民主党山口県連 地域支部長・幹事長会議 9/4

IMG_0001_BURST0020011

IMG_0001_BURST0020011

折しも菅首相の総裁選不出馬が報道の翌日の開催となりました。

DSC_3879

DSC_3879

林芳正先生参議院議員辞職に伴う、補欠選挙が10月7日告示10月24日投開票の日程で執行されることに鑑み、標記会議が開催され、自由民主党下関支部幹事長として出席しました。

DSC_3880

DSC_3880

北村つねお公認候補よりは、国において取り組むべき課題として(1)コロナ対策、(2)災害対策、(3)安全保障環境整備の三点を、70%が中山間地域である山口県において林業・水産業振興、高度通信網整備、気候変動・カーボンニュートラルを視野に強固な産業振興等抱負を述べられました。

 

下関市議会9月定例会 総務委員会 9/1

●第二次下関市総合計画 後期基本計画(令和2年度~6年度) 実施計画令和3年9月改定報告⇔

歳入の主なものは、①市税・地方贈与税各種県交付金が概ね各年400億弱で5ケ年通算 1989.2億円、②地方交付税・特例交付金が年平均255億の 1273.8億円、③国県支出金 年平均273億の 1364.9億円、④市債が年平均100億の 517.1億円等となっている。

歳出をみると、人件費・扶助費等義務的経費が年平均622億の 3112.1億円、投資的経費が5か年で 502.8億円を見込んでいる。大規模投資としては、(1)新総合体育館 67.4億円、(2)海響館改修工事 16.43億円、(3)クルーズ船客船受入体制強化事業 41.38億円、(4)学校教育環境整備推進事業 36.07億円、(5)都市再生促進事業 10.87億円、(6)本港地区港湾施設再編事業 12.77億円、(7)国土強靭化推進事業 58.21億円、に加え『社会福祉センター』整備(額未定)が上がっている

                              

ふく延縄漁船 出航 

DSC_3876

DSC_3876

9月1日、本海での『とらふく』漁が解禁され、ふく延縄漁船第一弾(山口県延縄協議会所属53隻中3隻)が下関漁港南風泊分港から出港しました。漁は来年3月迄萩市見島沖から長崎県対馬沖海域で行われます。昨季水揚げ量は31.5トン(約1億8500万円:対前年比約4トン・2000万円の減少)資源保護の為、沖合で稚魚2000匹が放流されます。

 

下関市議会9月定例会開会並びに下関市一般会計・特別会計決算審査特別委員会 8/31

本日定例会開会となりました。27日までの会期で補正予算等審議が行われます。近年戦略会計の一環で、従来9月定例会終了後、審査12月定例会で委員長報告をしていましたが、指摘事項を翌年度予算へ反映して頂くことを念頭に、この時期に開催しています。

今回、互選により委員長を拝命し、9月7~9日の日程で審査を行うことになりました。

« 前ページへ次ページへ »

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.