2020年11月28日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 11:03 AM

会派 志誠会 12月定例会打合せ会 11/27

12月定例会は11月30日開会となります。

今期末手当の減額措置を行う為には、12月1日前にその旨議決が必要であるため、初日本会議では他の付託議案【前回報告致しました補正予算等】とは別に付託、直ちに総務委員会を開催、その議を経て採決される見通しです。

又閉会後、全員協議会を開催して≪国土強靭化計画≫等の概要説明を受けることになっています。

 

 

全国鯨フォーラム 11/26

DSC_3515

DSC_3515

DSC_3516

DSC_3516

8年振りに『日本一のくじらの街』を目指す下関市で同フォーラムが開催された。

会場には全国各地の捕鯨ゆかりの自治体・団体から関係者が「海峡メッセ下関」に集結した。

昨年31年振りに商業捕鯨が再開され、鯨肉の消費拡大・安定流通を目指して、『鯨肉消費拡大推進協議会』が発足、鯨料理を提供する飲食店拡大に様々な取り組みがなされています。

DSC_3518

DSC_3518

基調講演には、東京海洋大学教授で国際捕鯨委員会元日本政府代表・委員会議長を歴任された、森下丈二氏が務められました。

①現在商業捕鯨事業に年間50億円の補助金が投入されているが、早い時期に自立した事業を目指す。②近年供給量(輸入物を含め)鯨肉は【約4000トン】≪最盛期約23万トン≫で、国民一人当たり40g/年、◆若者の魚消費量は欧米並みで、昨今国内高齢者も肉食を好む方も多い。

③流通については、供給量において馬肉【生産量約5000トン】と近くこの流通形態も研究してみる必要がある。

④消費傾向は国内西部で高く、東部で低い

 

 

中東地区まちづくり協議会ペットツリー作成 & こども食堂にて綿菓子奉仕 11/22~23

DSC_3494

DSC_3494

201122夫婦作業

DSC_3499

DSC_3499

DSC_3506

DSC_3506

中東地区まちづくり協議会では、毎年暮れに、勤労福祉会館に隣接した常磐公園においてペットツリー等を作成し、年末年始イルミネーションを楽しんでいただく企画を実施しています。多くの会員、地域協力者のお力で二日間をかけて、準備が整いました。

201123綿菓子2 (1)

23日午前中には、南部町で開催されてい る 子ども食堂 を訪問、来場者へ綿菓子を配布し、

201002飛べ風子

街協の活動をPR ≪本年12月7~9日、地区内 王江・養治では学校において、わらび座公演をそれぞれ二回、9日にはドリームシップ海のホールにて18:30~より無料にて公演を含め≫を行いました

2020年11月21日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 6:07 PM

中部地区社会福祉協議会 会長会議 11/21

 

DSC_3483

DSC_3483

年末恒例事業であった『おせち配布事業』の代替え事業について協議を進め、本年は75歳以上単身世帯希望者へ『恒例の餅つき事業のお餅』に加えて、正月用レトルト食品などを配布することに決定。又年内に市社協の主導で福祉員連絡会議を開催する旨決定。

 

市議会12月定例会 議案配布 11/20 

DSC_3264

DSC_3264

①8,000食/日、15年間に渡って学校給食を担う民設民営方式給食センター、当初令和4年度から組まれていた債務負担行為を令和6年度以降にとする補正、

②コロナ対策関係で、●市民病院内病棟改修2100万円、救急センター改修1400万円、

●海響館:トイレ改修6300万円、自動改札機設置7150万円、空気清浄機等350万円、

●公共交通事業者:路線バス 路線1系統当たり100万円、法人タクシー20万円+1万円*台数、個人タクシー5万円+1万円*台数、

③住宅リフォーム助成12200万円等補正予算が組まれている。

 

 

 

全宅連 中国・四国連絡会 11/19

DSC_3474

DSC_3474

全宅連 坂本久会長も参加しての連絡会。

本年6/12、『賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律』成立をみました。従来、自ら管理を実施するオーナーが中心であったが、高齢化や相続等に伴う兼業化、管理内容高度化に伴い管理業者へ委託するオーナーが増加。そんな中、管理業者とオーナー・入居者とのトラブルも増加している。管理業務が法の下に適正に遂行されるよう研修等を行った。

 

新給食センター設立に向け、教育委員会 学校保健給食課 取材 11/18

◆12月定例会中の文教厚生員会へ報告がなされる予定だが、新センター設立を目論む敷地上の既存建物撤去・用途地域等施設整備条件協議の為整備計画の順延がありそうだ。

◆地場産食材使用へ更なる推進が期待される中、市当局も現状は不十分としている。下関産青果の使用目標は、前年3月に翌年度分を設定するが、今時点で献立が未定で目標値精度は高くない。

◆基準は、『青果は山口産、下関産を優先』『加工食品は、主原材料山口県産』『加工食材は、事前に使用材料確認後、給食用食材登録品採用』

◆『給食献立・使用食材の公開 並びに 食材は産地公開』を検討中。但し、集計方法事務負担への考慮が必要(現在、帳票などがアナログ状態⇔早急なデジタル化が求められる。

◆年三回JA,市場関係者、農林水産振興部、栄養教諭で情報交換。地場産食材発注に係る献立作成を栄養教諭に一任充分な成果が挙げられていない、市主導で生産者・JA、・市場関係者との連携強化を図る。

2020年11月14日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 4:59 PM

中東地区まちづくり協議会 ふれあい農園サツマイモ収穫イベント11/14

収穫イベントは大変人気があります。

201114芋ほり3

暖かい日差しの中103名(過去最高の100人越え、児童生徒38名を含む)が参加し、大変賑やかな収穫作業となりました。

201114芋ほり

下の段では9月中旬作付けた大根が刈入れ時を迎えており、来年1月16日の収穫予定日が待ち遠しい(出来れば年内正月前であればいいねの声有)ところです。

 

 

下関法人会 中部支部 研修会 11/13 

DSC_3459

DSC_3459

総会後一時間の時間を頂き、令和3年以降の下関市の展望についてお話させて頂きました。

『財政健全化とPFI等民間活力導入施策のバランス』が最も気になるところです。

財政中期見通しで、①令和6年度の時点で財政調整基金70億円を達成する (従前100億円であったが、本年度末コロナ等対策もあり50億円を割り込む見込みで、令和3年度では市税歳入15億円減収により此処例年の年度当初25億円の財源不足が40億円に拡大する見通し。今後人件費を20億円削減し達成するとしている。)

◆令和5年には ②長州出島にクルーズ船専用バースと旅客ターミナル竣工、③白雲台市営住宅集約更新事業第一期分108戸竣工、④当初はあるかぽーとへの星野リゾートホテル進出等が予定されていたが、その進捗状況も含め、注目されます。

 

名陵校区小中一貫校にむけ、王江小学校検討委員会開催 11/12

過日三校代表者会議において、新校名案・校歌制定手法等について議論の後、持ち帰り王江小検討委員会での選考協議を行いました。結果として学園名には『王名学園』、小・中学校共通呼称は『名陵』をもってあてる点、次回の代表者会議に王江案として提出する旨決定しました。

 

山口県宅地建物取引業協会 『開業セミナー』 11/11

 

DSC_3457

DSC_3457

空き家解消・有効利用、居住支援等社会の要請に応えるべく新規会員拡大を目的に、新規事業者開業セミナーを開催しました。全県で37名が登録し、当日約30名が参加され、内下関市からも2名の方に会場まで足を運んで頂きました。宅建協会が新規会員の皆様方に提供している支援や事務手続き、情報検索・らくらく契約書作成サイト等の説明の後、先輩会員の体験談等を聞いて頂きました。下関支部でも12月6日独自開催の予定で

2020年11月7日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 3:05 PM

宅建協会下関支部 居住支援特別委員会設立に向けて 11/6

 

現在宅建協会下関支部では、次代の要請に鑑み三者会議(2回)・先進地視察(大牟田市)等を行い、宅建協会内の組織体制を検討しています。今後支援対象である住宅確保要配慮者数の推計や、従来ネックとなっている「身寄り無き単身者死亡時、10年間不動産事業者が家財を保管しなければ処分も出来ない」事への対応新機軸を創設された協議会・法人視察等を予定しています。

Filed under: 未分類 — hayashi @ 3:02 PM

安倍晋三前首相 下関市議会訪問11/2

DSC_3398

DSC_3398

7年8ケ月に渡って政権を担われた安倍晋三 衆議院議員は、帰省中のこの日、奥様を伴い下関市議会に来訪されました。市議会議長の来訪御礼と在任中のご労苦に対する労いの挨拶の後、安倍前首相より今後の方針として「政治目標である『憲法改正』をはじめ諸課題に一議員として今後共取り組んでいく」旨のご挨拶を頂きました。

2020年11月3日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 6:20 PM

名陵校区 ゴミ0運動 11/3

DSC_3403

DSC_3403

DSC_3407

DSC_3407

青少年育成協議会事業の三本柱の一つ『ゴミ0』、コロナ下で開催を検討して参りましたが、学校・保護者・地域の皆様の配慮とご協力の下、直接参加者268名スタッフ等を含め280余名が参加しての『ふれあい・ゴミ拾い』事業となりました。校区内10ケ所のスタート地点から名陵中学校まで概40分をかけて行います。

DSC_3421

DSC_3421

校庭では分別の後閉会式、地区責任者・地区担当生徒責任者の皆様方と反省会。『生徒責任者のリーダーシップの下、参加者のご協力で各班とも有意義なひと時になったようです。

 

貴船連合 ウォークラリー 11/1

201029夫婦で

貴船連合自治会ではこの時期、市立第一幼稚園を利用して運動会が開催されます。今年はコロナ感染拡大に伴い、連合会エリアでのウォークラリーが実施され参加させて頂きました。

 

DSC_3395

DSC_3395

DSC_3396

DSC_3396

散策の途中、ギャラリーで鬼の絵を拝見する機会を頂きました。四カ所の関所を通過、ゴールでは地域の皆様のご奉仕でカレーがふるまわれ、参加者の皆様も楽しいひと時を楽しまれました。

2020年10月31日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 10:33 AM

親子ふれあい広場 唐戸界隈ウォーク 10/29 

201029出発

同広場を利用される皆様にお声掛けし、亀山八幡宮・引接寺・梅寿軒を散策、地域の史跡などを説明しながら身近な故郷の歴史に思いを馳せること、地域のお店の拝見をお子様とお散歩をしながら少しの時間を楽しむ企画に参画させて頂きました。

201029解説

DSC_3304

DSC_3304

DSC_3300

DSC_3300

DSC_3302

DSC_3302

因みに、小生の持ち場は 亀山八幡宮縁の史跡・故事を紹介させて頂きました。

①昭和33年当時19歳の青年が投げた球が日本一の御影石鳥居に掛る亀山宮額の山の字の一角にはまってしまった故事、②戦時中拠出されたフクの像が関係者のご努力で平成2年9月29日改めて境内の一角に鎮座したこと、③鎌倉時代、京都守護職 藤原基晴親子がこの地に移住、新羅人から髪結の技を学びわが国最初の床屋を開業したことに因む『床屋発祥の地』の碑等紹介

 

宅建協会 防災危機管理研修 10/27 

DSC_3387

DSC_3387

近年度重なる風雨災害・河川氾濫による浸水被害を考慮して、不動産取引時の重要事項説明で水防法に基づいたハザードマップを用い、物件の特性を説明することとなり本年8月より施行されました。又本年度下関市は県事業で主要五河川について100年に一度の浸水想定エリアも土砂災害マップに反映(令和2年度末)される方向です。マップは①土砂災害、②洪水、③高潮、④津波、⑤内水の五種類あり注意が必要。

 

市議会 議会運営委員会 10/26

9月定例会中の一般質問において、執行部答弁に誤りがあり謝罪と対応について協議しました。議会ルールではその様な場合、『会期中であれば答弁・議事録など修正が可能』としている。本件は閉会後議事録・録画が公開された後、指摘を受け発覚したものであり、よって録画も一時放映を中断した。今回のような事例は、少なくとも合併後は皆無であり、12月議会で対応策が採られるものの、誤った答弁を前提としての議論は適正なものになりえず大きな課題を残したことになりました。

2020年10月30日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 8:29 AM

自由民主党山口県連 政経セミナー 10/25

 

DSC_3382

DSC_3382

DSC_3383

DSC_3383

山口市において地元選出国会議員、県連役員他党員が参集しセミナーが開催されました。

 

DSC_3384

DSC_3384

ゲストスピーカーとして 内閣官房参与・元外交官の宮家邦彦氏が来県され、『米大統領選挙後の国際情勢』演題としてお話されました。「2020年、今何がおきているのか?」から話は始まりました。①ここ30年間米国の戦略は巨大プロジェクト中心に産業・軍事を進めてきましたが、中国は小型で安く使い捨て、無人で機能を果たす物づくりが進められました。結果ローコストで簡単に移動が可能でありながら命中率の高い兵器の開発行われていること。②東アジアに強力な新興国が誕生し、米国の既得権益にチャレンジしようとしている、1930年代の日本に抱いたような懸念~恐怖が現実のものとなりつつある。米中の間の緊張感が高まると共に、ロシアの超大国化への挑戦もあり、大陸陸続きの韓国の処世にも変化があり、日韓関係も厳しい状況となりそうとの見解を述べられた。

2020年10月24日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 4:23 PM

名陵校区 地域子ども教室 10/24

DSC_3368

DSC_3368

子ども教室を訪問、お話しの機会を得ました。今日は9名参加、

学習復習の後、10月31日のハロウィーンを先取り、用意された7つの遊び道具で楽しい時を過ごし、『ハッピーハロウィーン』でお菓子などを配布。学校行事が見合される中、子供たちにささやかな賑わいのひと時を演出。

 

名陵校区育成協議会 ゴミ0運動地区責任者会議 10/21

 

育成協議会では年中行事として①地区懇談会、②ゴミ0、③地域交流事業(餅つき)を開催しています。コロナ感染拡大で地区懇は中止、11/3ゴミ0は実施の方針です。

DSC_0881

DSC_0881

出発地点(10ケ所)で参加者・体調を確認の上、ゴミを拾いながら名陵中学校を目指します。参加者は名陵校区三校生徒、保護者、地域有志、先生方です。名陵到着後の分別時等の三密を配慮して開催予定。

 

会派研修&懇談会 10/19、市議会総務委員会 10/20 

201019会派自主研修

財政部長より令和3年度予算編成、基金残高(中期財政計画)見通し、PFI事業・公共施設マネジメントへのコミットメントについてブリーフィングを受けました。合併後10年を経て交付税一本算定となって以来、例年25億円程度の財源不足が続いていましたが、令和3年度は市税歳入▲15億円、財源不足も約40億円となる勢いで予断を許さない状況です。一方、公共施設マネジメントは20年で30%、最初の8年で7%縮減の目標が1.2%となっている点への見解も頂きました。

DSC_3359

DSC_3359

◆総務委員会では市民広場のマンホールトイレ・炊き出し用具・非常時警報を発信する自販機、

DSC_3363

DSC_3363

 

9F全協室でダンボールベッド・ウォール、授乳時等に利用するプライベート空間を確保する為のテント等を拝見させて頂いた。

 

名陵校区小中一貫校移行 各校責任者会議 10/19 

新学園名、構成する小・中学校名を1ケ月かけて公募(保護者・地域・同窓会等を対象に)し、生徒からの約200件を含め290件の応募を頂いた。それらに加えて、市内で最初の小中一貫校でもあり学園名には教育委員会案も提示された。①それらを持ち帰り、三校の検討委員会で協議し候補を絞る。②新校歌については、三校の校歌に歌いこまれた歌詞を念頭に作詞を願うこと 等を決定した

2020年10月17日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 11:40 AM

市財政部・行政管理課 聴き取り 10/13~14 

令和2年度は正に新型コロナウイルス感染拡大に翻弄される年となり、我が国経済は、極めて厳しい状況下にある。只、感染リスクがゼロにならない限り直ちに経済・社会が元の姿に戻るわけではなく、そんな中で編成される令和3年度予算編成方針、併せて、今後下関市運営のカギを握る施策である公共施設マネジメントの進捗等について聴き取りを行った。

◆公共施設マネジメントでは、中核市類団中、市民一人当たりの公共施設延べ床面積が最も高く、20年間で床面積30%削減を掲げ、最初の8年(前期計画)で7%縮減を盛り込んだが、計画後5年目で進捗率1.2%の状況にある。令和元年度末総延べ床面積は152万8515㎡で、一人当たり5.82㎡。一方で今後大型PFI事業(白雲台、新体育館、安岡複合施設)に加え、更新時期を迎えようとする施設が目白押しである。只、用途廃止にこぎつけても解体費の予算化が出来ないため整理がつかない案件も少なからずある。

◆財政部では、①既存施設の有効利用が可能な団体等への払い下げや、②先行して解体することで早期に土地利用の促進が見込めるところから解体を進める方向で、統合更新作業等が伴うものについては、精力的に進捗を図りたい考えだ。

●令和3年度当初予算編成は、原則 骨格予算(新規政策的事業未計上)で、見込まれる財源不足39.4億円に対し、財政調整基金+特定目的基金取り崩しで 27.8億円を財源調整、残り11.6億円については歳出削減(部局裁量経費 ▲3.7億円、その他経費 ▲7.9億円)で対応する方針。主たる歳入である市税については、▲15億円を見込んでいる。

 

10月19日会派勉強会で財政問題を更に掘り下げて精査する予定。

« 前ページへ次ページへ »

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.