2012年4月4日

会派視察 3/27~29

Filed under: 活動報告 — hayashi @ 9:42 PM

会派先進地視察 3/27~29

4/1 下関中央病院が独立行政法人に移行します。

gfh1333543171.jpg

7:1看護を目標とした看護師募集は困難を極めまし、医師の充実には尚一層の努力が必要です。会派で『神戸市立医療センター中央市民病院』を訪問しました。①平成18年度⇔累積欠損金348億円、不良債務比率 9.8%(10%超で地方債発行制限)、②公営企業法全部適用より地方独立行政法人化が望ましい との判断で独法化が決定。

超急性期に特化≪重症ケアユニット増床≫、病床数ダウンサイジング≪830⇒700床;日帰り手術、入院前検査センター充実≫、電子カルテ、◆混合病床化、高度専門(心臓・脳卒中・成育)医療センター設置、救急医療充実(30床⇒50床、E-ICU、CCU設置)医師(202-175=27人増)+後期研修医(127-94=33人増)+看護師(1,156-1,041=11 5人増)で、①移行後初年度医療収支△13億5百万円⇒7億5千万円黒字、②当期損益が 19年度 △10億⇒20年度 3億3200万円⇒21年度 30億1500万円⇒22年度 35億9200万円となっている。アドバイスとしては『まず温かく見守って欲しい』ことでした。

gfh1333543219.jpg

夕刻は、中華街視察。下関市にも異国情緒溢れる飲食街が欲しいですね。

翌28日には、本州最南端 串本町を訪問しました。

gfh1333543259.jpg

弘法大師 橋杭岩伝説 と明治23年トルコ軍艦エルトゥールル号座礁の折、地元住民お献身的な救助活動で69名が生還~遭難慰霊碑・トルコ記念館 がある。

gfh1333543301.jpg 

平成7年大型ホテル進出等により従来 15~18万人であった宿泊客が一挙に30万人台にUP。観光客入込数100~120万人台から90万人前後に減っているが30%の宿泊率をキープしている。

gfh1333543344.jpg 

最南端標識周辺は広大な緑地が拡がり、道路網も整備されている。

下関市(最西端)、宮古市(最東端)、大間町(最北端)と共に四端会議を構成している。

下関市の『毘沙の鼻』整備を更に進める必要を感じました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.