2018年1月31日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 7:13 PM

中東地区まちづくり協議会 ふれあい農園・健康福祉部会 1/27

 

午前十時より貴船町所在ふれあい農園に概ね100名の皆様が集合。昨年9月種をまいた大根の収穫を行いました。4ケ月余りですが大きく成長したものも多く、皆さん大感激。親子連れも多く和気相愛の収穫でした。午後から街協事務局において『健康福祉部会』に参加させて頂きました。昨年来協議を重ねてきた、軽スポーツ用具『トリコロキューブ』『ラダーゲッター』購入と管理・活用方法等、併せて来年度の活動計画等に付いて意見集約を行いました。『他の街協の取り組み等について現地視察を望む声』もありました。

 

(一社)山口県宅建協会下関支部 創立60周年記念行事・懇親会 1/26

 

昭和34年『下関不 動産組合』設立から60年の歩みを重ねて参りました。記念講演講師として、丸順不動産株式会社 代表取締役 小山隆輝氏を招請し、『地域の価値を高める不動産業』と題してお話を頂きました。『住みたいと思ってもらえる街、選んでもらえる街を目指さなければ、この街の人口はますます減少し、商店は閉まり、空き地や空き家が増えてしまう。』『この商店街も空き家だらけ。不動産屋さんが頑張って、ひとを集めてこなかったら町がどんどん寂しくなるやないか』の問いかけに応え、不動産業者だからこそ出来るまちづくりに挑戦が始まりました。下関市も正にその時を迎えています。記念事業として、①3月10~11日に2月24日供用開始される扇町人工芝グランドにおいて少年サッカー32チームがエントリーしての『ハトマークカップ争奪少年サッカー大会』を開催予定、②東亜大学と連携1Kアパートのリホーム提案コンペ、③フクフク子供館に児童図書寄贈等行いました。

 

市議会 建設委員会 & 街協計画委員会『医療統合』 1/25 公共交通に関する計画等に関する報告を受け協議。委員より街のコンパクト化と公共交通の再編に関し、本市の整備計画の中の既定路線か?との意見あり。部長答弁『言葉の表現こそ違え、今日まで施策は一貫している。』と理解を求めた。医療統合にかかるやり取りの中で、『中心部に基幹四病院が集中していた時は、特化した医療の役割分担もみられた。』『総合診療が出来る医師を育てることの困難さ~かかりつけ医師確保も難しい課題』等興味深いお話を頂いた。

最後までお目通し有難うございました。今後共尚一層、ご指導・ご鞭撻お願いします

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.