2018年6月17日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 9:15 AM

6月定例会 一般質問 6/15 

クルーズ船寄港について、H2817隻、H2957隻、H3057隻で若干船数は減りそうだが、客船の大型化で平均すると6万トン級から11万トン級となり、集客は増大している。中国系旅客の場合、CIQ検査2~3時間を経て、バスに乗り込み唐戸市場・赤間神宮・城下町長府等を見学、北九州・福岡の免税店へ出向く船外活動が一般的である。

DSC_0427

DSC_0427

5/22寄港のオベーション・オブ・ザ・シーは福岡・長崎寄港の後最後に下関に来られとのこと。乗客4,395人+クルー1,637人のうち二割の皆さんが小グループで唐戸・駅前周辺散策に入られた。【受入体制等について18日一般質問で質す予定】、又道の駅豊北や角島、元乃隅神社散策をされた方もいるとか。◆外貨対策としてクレジットカードで日本円が引き出せるATMの必要性を感じたとのこと。中国人はスマホ決済の為その対応が望まれるとのこと。 

ふれあい収集・買い物困難者サポートについて。環境部が『予想される900世帯の戸別収集には職員増員と車両の追加が必要』との結論で対応不可となった為、福祉部による総合支援『生活支援訪問型B(今秋スタート予定)で対応との答弁あり。今後、中部地区社協で6/24の総会で立ち上げを予定している『町内手伝いたい(お助け隊)』と連動を図ります。

 

会派研修会 6/14 ①本市医療構想、②新庁舎建替更新の二点に付き関係部局聴取した。

◆下関医療圏地域医療構想調整会議 中間報告での指摘として、(1)高度急性期・急性期に特化した病床数500床以上の基幹病院が複数あること。(2)基幹病院には、専門医研修可能な環境整備が整っている(残念ながら研修プログラムも未整備とのこと)、(3)医療従事者にとって魅力的な病院であり、医師数200名体制を目指す必要有、(4)二次救急医療を担う四病院の規模が小さいので2025年までに段階的再編を行う。(5)各病院は連携し、分野や診療科別に役割分担を図り、効率的な医療提供をッ目指す。を頂いている。

協議の中で、市民病院は、駐車場整備等で40億の負債、清算時には別途退職金が30億円が必要との報告に溜息ももれた。庁舎フロントアプローチ等指摘した。

 

市議会 建設消防委員会 6/11 及 6/13 

建設部に係る議案3本、(1)議案第99号「高齢者向け公共賃貸住宅の設置等に関する条例の一部改正条例、()議案第102号「和解について」、(3)議案第103号「工事委託契約締結⇒山陽本線幡生・下関間大坪橋補修工事」以上3件は異議なく可決。その後、都市整備部、港湾局、消防局、上下水道局の順に、建設消防委員会からの報告を受けました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.