2016年10月22日

Filed under: 未分類 — hayashi @ 11:18 PM

源平ナイト in 赤間神宮 10/01

DCF00335

DCF00335

すっかり秋めいて参りました。この日赤間神宮では天候が気がかりでしたが本年度第一回目の源平ナイトが多くの観客が鑑賞される中、滞りなく開催されました。

本企画は、2012年に十年後観光客入込1000万人宿泊百万人を目指し策定された『観光交流ビジョン2022』の観光キャンペーン事業の一環として、≪来関される皆様に夕食後、下関市の歴史絵巻をご覧いただく企画≫で、十月毎週土曜日22:00より開催されています。

 

下関市議会 九月定例会 一般質問9/26・27、閉会 9/28

今回複数の議員が◆『旧内務省下関土木出張所下関機械工場乾船渠(ドック)』に関して質しました。本件は、昨秋≪当該ドックを文化財指定の後、真砂土埋設保存する(予算5000万円)≫する件に関し図られた折、一旦通過後入札に付されましたが不調に終わっておりました。今年改めて総務委員会の議論に付されるにあたり予算が≪土地取得会計≫に含まれており表面上明確に示されておられなかったことも含め課題が浮上し、市民より当該ドックの文化的価値・埋立保存の欺瞞(埋め立て後駐車場として利用する点等を鑑み)等が指摘されました。委員会審議では賛成多数で可決されておりましたが、今後再燃(市民コンセンサスが得られる利活用案が示されれば掘り起こすとの説明ですが、埋め立てを保留、早期に再度利活用案について集中協議すべきと提唱)も予想されます。

安岡風力発電について 本件について『低周波の人体への影響』を理由に反対の立場の方が多い。環境省が ≪聞こえない超低周波≫をアセスの要件から外し、≪聞こえる騒音≫への対応 に留めた点に対する異論有。事業者から『準備書』が提出された後、市環境審議会の議に付された後、答申を受け市長が知事に意見書を提出することになるが、其処が一つの分岐点となる。

ヘルシーランド下関 50mプール再開を願う市民の要望を伺う機会は多い。高温水管の破裂が相次ぎ、当該補修工事が大変高額なため再開・中断となっている。①高額であっても財源措置をして再開する。②当該施設にボイラーを設置する。③廃止時の維持管理費 等のケース毎の検討中との答弁。又『夏場だけでも通常水での運用は?』との質問に対し、『従来水温は32~33度と設定していた。利用者は高齢者も多く、23~27度の水温では体に負荷をかける恐れもあり考えていない。』との答弁。

職員勤務状況 メンタル疾患30人、分限処分 36人、懲戒処分 1人 等報告有。

◆その他 放課後子供対策として児童クラブ・子供教室の一体型等についても答弁あり。

 

豊浦 発揮会 卓 話 9/25

下関市の現状と展望についてお話しする機会を頂いた。今後の課題としてファシリティマネジメントについて、先方より頂いていた『道の駅』実現に向けての方策等について熱の入った議論となりました。

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ

Copyright 2008 林真一郎 下関市議会議員 All Rights Reserved.